素人の私が使っている道具を紹介1

今回、プラモデルを作ってみるにあたって、エアブラシを購入するかどうか迷いました。
まず、第一に高価なこと。
エアブラシを使用するにはコンプレッサーがなければ使用出来ません。このコンプレッサーが高い・・・
次に、排気のこと。
エアブラシをばんばん使用するためにはブースによる換気システムを構築する必要があります。
でも、筆塗りには限界があり、エアブラシで制作されている皆さんの作品を見て、やはり使ってみたいという気持ちが強くなりました。
実はエアブラシ購入前にハコスカのサフとかを風呂場の換気扇をまわしながら新聞紙を広げてミストが付かないようにしてスプレーで吹いたのですが、スプレーのミストは半端じゃないですね。。。
ミストが付いていないように見えても風呂場がざらざらになっちゃいました。。。
というわけで、思い切ってエアブラシを導入しました。
エアブラシ
クレオスのL7/プラチナブラシセットです。密林で36922円也。
今ならもう少し安くて35000円くらいです。
L5とどっちにしようか悩みましたが、将来ウレタンを使用する可能性を考慮してウレタンも吹けるL7にしました。
エアブラシPS289がセットになってのこの値段はすごくお得だと思います。
L7のコンプレッサーの音ですが、夜中に使用しても自分はあまり気にならない程度の音じゃないかと思います。
次にペイントブースですが、タミヤのペインティングブースIIのシングルファンにしました。
ツインファンにするかどうか迷いましたが、値段が10000円程度でお手頃なのと(ツインファンとは8000円くらいの差があります)、将来ツインファンに拡張出来るということで、まずは安いシングルで始めることにしました。
ペイントブース
排気は窓からクレオスのアタッチメントを付けて行っています。
マンションの廊下の壁をよごすわけにはいかないので、台所の換気専用のフィルターを貼り付けて使用しています。結構すぐ、この貼り付けたフィルターが汚れるので、ブースの換気効果はまずまずではないかと思います。
今のところ、窓の外の排気口のまわりが汚れるようなことはありません。
問題としては、クレオスのアタッチメントを付けても窓を3cmくらいは開けないといけないので、夏は虫が入ってきます。
この排気に関しては、窓を開けなくてもいいように、いずれ部屋の換気口へ取り付けようかなと思っています。

スポンサーサイト

WAVE ペイントラック

R32GT-Rの内装ですが、ちょっと停滞中です。
なので、ちょっと話題を変えて・・・
ヨドバシ.comっていいですね!
Amazonが2000円以上でないと送料が無料にならなくなってから、ヨドバシの方を利用することが多くなりました。
塗料1本でも送料無料なので、なんだか申し訳ないです。
というわけでポチポチ塗料を買っていたら、だんだん増えていってしまいました。
塗料ごったがえし
ダイソーで買った積み上げ式の小物ケースに塗料がごったがえしています。
下の引き出しは手前にいろいろものを置いていて、なかなか取り出しにくい・・・
上の棚は強度がないので、真ん中が凹んでいる!!
というわけで、こいつを買いました!
ペイントラック組み立て前
waveのペイントラックです。
一時、品薄になっていて、amazonでは10000円ほどで売っていましたよ(゚д゚)!
amazonって品薄になるとこちらの欲しい心情を逆手にとるかのごとく、値上げしてることがありますよね。。。
ペイントラック
綺麗に整理整頓出来ました♪
これからもっと増えるんでしょうね・・・
諸先輩方はいったいこのラックをいくつ持っておられるのでしょうか・・・

タミヤペインティングブース改造(ツインファン化)

風邪をひいてしまって、ケンメリの作業は一時中断しています。
というわけで、本日はタミヤのペインティングブースについて書きます。
あくまで初心者による初心者のための考察です。
タミヤのペインティングブースですが、シングルファンとツインファンの2種類があります。
私のようなエアブラシ初心者は恐らく、どっちを買ったらいいか、迷うと思います。
120secのお勧めは、とりあえずシングルファンを買っておいて、必要があればツインファン化すればいい、です。
今回、ツインファン化してみました。
タミヤブース改造前
これまでシングルファンで排気口を窓からクレオスのアタッチメントを付けて出していましたが、ちょっとでも窓に隙間があると、やはり夏場は虫がどんどん入ってきます!!
120sec的には換気力より、この虫が入ってくるのが一番の問題でした。
そこで排気口を部屋の換気口に接続して、窓をあけずに済むように改造することにしましたが、せっかくなのでこの機会にツインファン化することにしました。
タミヤブース改造後
というわけでツインファン化して、一つを部屋の換気口から出して、もう一つはこれまで通り、窓から出せるようにしました。
これで、とりあえずは窓を開けずに使用し、換気が弱いと感じたときに窓をあけてツインファンで使用出来るようになりました。
ところで、このあとからツインファン化するときに気になるのはツインファン化の費用ですが、今回、タミヤのカスタマーサービスでツインファン化に必要な部品を購入しました。
必要な物品は
19804398 S/W ペインティングブースII ファンユニット(取付けネジ付) ¥5,616
19804399 S/W ペインティングブースII ツイン用背面パネル・ハンドル ¥1,296
あと、
89933 AO-7019 ペインティングブース用排気ホース(50cm) ¥756
が必要ですが、このホースはヨドバシとかで600円くらいで購入できますので、タミヤのカスタマーサービスに注文しなくても大丈夫です。
Amazonでシングルファンとツインファンの値段の差が7000円くらいなので、あとからツインファン化してもほとんど費用は変わらない、ということになります。
なんか、どんどんプラモ作りにはまっている自分が怖いです・・・

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR