ハコスカ メッキパーツ塗装

もともとのメッキパーツはプラモデルには少しギラギラしすぎているかなと思い、クレオスのメッキシルバーNEXTなるもので塗装してみました。
メッキはキッチンハイターを薄めた液にパーツを浸けて落としました。
ハコスカメッキパーツ塗装
塗装前のメッキの状態を撮り忘れたので比較出来ませんね(汗)
でも、ギラギラ感はなくなり、落ち着いた感じになりました!
でもフロントグリルは切り抜いてメッシュを張ることを考えていたりします・・・
スポンサーサイト

ハコスカ シャーシ作成

シャーシを作成する際に手を入れる場所を確認するために仮組みをしてみました。
パーツの接着は両面テープで行っています。
仮組みなんて、今までやったことありませんでした(汗)
でもやってみると、どこにどのパーツがどのような形で配置されるのかがわかり、どこが目について、どこがどうでもいい部分なのかがよくわかりますね。諸先輩方が行っている意味がよくわかりました。
ハコスカシャーシ仮組
足回りのパーツのボルト部分にはシルバーを塗るようにしましょう。
ハコスカシャーシ仮組みアップ
アップで見ると、あらがよくわかります。
エンジンから出ているパイプの押し出しピンの跡が目立ちますね・・・
これは直しておかないと!!
ハコスカエンジンアップ
エンジンも乗せてみました。雰囲気はいいですねえ!!
今回、パイピングなるものに初挑戦してみようと思って、穴をあけてみましたが、真ん中に開けれていない・・・
しかも塗装がいまいち・・・
リード線をいろいろ探してみたのですが、0.8mmのものしか手に入りませんでした。みなさん、細いものをどこで購入しているのでしょうか・・・
0.8mmサイズではデスビに6本のリード線を付けることは出来ないので、今回はその近くに取り付けて雰囲気のみ出すことにします。
ファンのゲート処理もダメですね。
パイプのパーティングラインも目立ちます。
これからは仮組みしてから塗装するようにします。
いやあ、なかなか納得いくようには仕上がらないものですね!

ハコスカ シャーシ塗装

ハコスカのシルバーをどうしたらうまく塗れるか悩んでいます。
タミヤの指定はアルミシルバーですが、これだとぎらぎらしすぎて、のっぺりとしたハコスカの感じが出ません。
ハコスカの色
ハコスカの色って、この写真のように全然メタリックのぎらぎら感がなく、やや黄色がかった灰色的なシルバーですよね。
とりあえず、適当に調色して、塗ってみます。
でもボディーは怖いので、まずはシャーシでテストです。
クレオスのシルバーにイエローを少し混ぜて、さらにガルグレーという薄い灰色っぽい色を混ぜてみました。
ハコスカシャーシ塗装1
ハコスカシャーシ塗装2
ハコスカシャーシ塗装3
なん・・・となく、それらしい色になったかな???
それらしいので、とりあえずボディにも塗ってみます。


R33GT-R エグゾーストパイプの修正

ブログにアップした写真をみて、気になっていたエグゾーストパイプ部分の修正を行いました。
修正箇所はエンジンからつながるパイプ部分のつなぎ目
パイプつなぎ目
そしてタイコ部分のパーティングラインです。
タイコパーティングライン

パイプのつなぎ目部分はパテ埋めして、サフを吹きました。
パイプつなぎ目パテ埋め


タイコ部分もペーパーで磨いてパーティングラインを消して、サフを吹きました。
タイコ部修正



R33パイプやり直し

これから再塗装です。




R33GT-R 最悪・・・

クリア終了
R33 GT-Rですが、ボディのクリア塗装までが完了しました!!
ホワイトを塗って、1週間くらい乾かした後にデカールを貼って、クリアを吹きました。
デカールもなんとか溶けずにクリアを吹けました。クリアは5回くらい吹いたのですが、たれるのが怖くて、ゆず肌になっています。へたくそ・・・
クリアを吹いてから1週間くらい経つので、そろそろ研ぎ出ししてもいいよね!?
ボンネットゆず肌
ルーフ柚肌
ご覧のようにボンネットもルーフもゆず肌です。
まず、ルーフから磨いていこうと思います。ルーフマスキングみがき
マスキングして1500番のペーパーでゆず肌を取ります。
いろいろ見て回ったけど、1500番から始めるのがいいみたいですね。
1500番のあと、2000番を軽くかけてからタミヤのコンパウンド 粗め→細め→仕上げで磨き、その後、ハセガワのセラミックコンパウンドで磨きます。
ルーフ粗め後
粗めで磨いた後。。。ほんまにひかるんかな・・・?
ルーフ鏡面3
おおっ!!
ルーフ鏡面2
おおおっ!!
ルーフ鏡面
セラミックコンパウンド後。すげええ!!
このあと、ボンネット、左サイドまで仕上げて仕事へ行く時間がきてしまいました。
ここでやめておけばよかったのですが、月曜の朝まで36時間、軟禁の仕事なので、仕事の合間に磨いてやろうと思ったのがいけなかったんです。
ボディをタオル2枚にくるんで箱に入れて、車に乗っけて仕事に行ったのですが・・・
仕事場について、タオルをあけるとなんと小さいキズだらけ!!
コンパウンドで再度磨き直すもなかかか取れず、2000番のペーパーで擦ってようやく取れたのですが、クリア層がだいぶやばそうで・・・
というわけでこれ以上深追いはせずに、クリア吹き直し決定です(涙)
一気にやる気が・・・失せた・・・







タミヤ ハコスカGT-R ストリートカスタム

ハコスカ箱
R33と平行して、こちらのハコスカにも挑戦です!!
エッチングパーツやメタルインレットなど、20年前には見なかったパーツが入っており、プラモデルも進化するんだなと思いました。
初心者ですが、諸先輩を見習って、可能な限りディテールアップにも挑戦したいと思います!

R33GT-R ボディ製作その1

R33GT-Rサフ
パーティングラインを処理してサフを吹きましたが、まだパーティングラインが残っていたので、再度ペーパーがけを行いました。
ボディの色は今回は白でエアブラシの使い方の練習をしたいと思います。

R33GT-R GT-Rエンブレム塗装

GT-Rの象徴であるGT-Rエンブレム。
R33ではフロントグリルの真ん中に付いており、このタミヤのモデルではボディのフロントグリルの真ん中に一体化して付いています。でも、これではきれいに塗ることは出来ないので、このエンブレムは一番最初にボディから切り落としました。
まず、ラッカーのシルバーで塗り、続いてエナメルの赤を吹き、その周囲をエナメルのセミグロスブラックで塗りました。
その後で、GT-Rの文字を浮かび上がらせました。
R33GT-Rエンブレム
こんなもんかなあ・・・
こいつは最後にフロントグリルのメッシュの上に貼り付ける予定です。

R33GT-R コクピット組み立て

R33GT-Rコクピット
コクピットの作成です。
とにもかくにも、マスキングして塗装するのみです。
R33GT-Rインパネ
センターの3連メーターは爪楊枝で塗ってみましたが、小さすぎてうまく塗れず・・・
それ以外のものも「そんな感じ」的に塗っています。
R33GT-Rコクピット完成
シートやシフトレバーにもパーティングラインがあるんですね。。。処理していません・・・
i know porkoさんのブログに載っていたシートベルト受けを付けてみました。
シートベルト受けの作り方
ちょっと赤い部分が飛び出し過ぎか・・・
でもなんとなく、リアルに見えますね。なんとなく、それが大事です!!
R33GT-Rシャーシ完成
バスタブをシャーシに乗っけて下の部分は完成です!!

R33GT-R シャーシ裏組み立て

R33GT-Rシャーシ裏完成
シャーシ裏のパーツを組み立てました。
部品数はそんなに多くないのですが、組み上がるとそれなりに仕上がっていますね。
エグゾーストパイプにパーツとパーツのつなぎ目が残っていますね・・・
仮組していればこういうのは塗装前に気付くのでしょうね。後で直せるなら直してみます。
指定はなかったのですが、細かいナット部分はエナメルのクロームシルバーで塗ってみました。
R33GT-R足回り
ブレーキのディスク部分はエッチングパーツを使った方がリアル感が出るのでしょうね・・・
今回は手に入らなかったので、これで我慢します。。。

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR