R33GT-R ボディー仕上げ

窓枠塗装まで終わっていたR33GT-Rですが、クリア塗装を行い、中研ぎ後にさらにクリアを重ねて、鏡面磨きを行いました。
R33鏡面磨き
夜中遅くに作業をしているのですが、最近はオリンピックを見ながら作業が出来るので退屈じゃなくていいです。
この後、簡単にマスキングをして、つや消しクリアを窓枠に吹いたのですが、これはすごくいい方法ですね!!
クリアなので、多少はみ出そうが塗装が薄かろうが、まったく目立ちません。
研ぎ出し後に窓枠をつや消し黒で塗装するのに比べて、鏡面に仕上がっているボディーへの影響は少なく、ストレスがかかりません!!
さて、フロントのアンダースポイラーを黒にするかボディー色にするか悩んでいましたが、結局黒に塗ることにしました。
R33フロントアンダースポイラー塗装
以前、鏡面仕上げ後にマスキングテープを使用して、塗装面が凸凹になってしまったので、局所以外はマスキングにナイロン袋を使用することにしました。
窓枠同様、はみ出し防止のためにまずクリアを軽く吹いた後に、セミグロスブラックで塗装しました。
R33アンダースポイラー塗装後
ラインのくっきりと出た塗装が出来ました!!

ハコスカ 完成写真!!

ハコスカ、完成しました!!
IMG_1745.jpg
IMG_1757.jpg
リアサイドのエンブレムの矢印部分は結局、白く塗りました。
IMG_1752.jpg
IMG_1763.jpg
ハコスカのぎらぎら感のない、ちょっと黄色味がかったメタリックシルバーを表現してみましたが、なんとなく・・・そんな感じに仕上がっていますでしょうか。
IMG_1755-2.jpg
室内もチラリと見える分には許容範囲内の仕上がりでしょうか。
ハコスカGT-R完成!!
IMG_1742.jpg
ハコスカリアナンバー装着
IMG_1765.jpg
ハコスカ右前
ハコスカって・・・かっこええわ〜



ハコスカ 外装 その4

いよいよ最後の鬼門(だと思っている)、エッチングワイパーの作成を行います。
ハコスカキットワイパー
キット付属のワイパーはこんな感じで、これはいかにもプラモデルって感じですよね。
というわけで、フジミのエッティングワイパーを用いることにしました。
ハコスカフジミエッチングワイパー
じゃん!!
実はエッチングパーツを折ったり、組み立てたりするの初めてなんですよね・・・
なんか、接着するのか、はめ込んで折るのかよくわからず、いろいろやっていたら折り曲げる部分が取れてしまいました!!
というわけで結局瞬間接着剤で接着したのですが、最初から接着しておけばよかったのかな・・・
ハコスカエッチングワイパー
何とか組み上がりました。ポチッとなっているところが取れた時はどうしようかと思いました。
さて、これを付けられるように加工しなければなりません。
ハコスカワイパー加工1
もともとのワイパーの根本の部分を使用します。そのままでは太すぎるため、ヤスリで細くしました。
ハコスカワイパー加工2
そして、根本を切って、エッチングワイパーにはめ込みました。
その後、エッチングワイパーを塗装して、装着しましたが、フロントウインドウとの間にどうしても隙間が出来てしまって・・・。でもウインドウに密着させるためにワイパーのブレードの部分に接着剤を付けてウインドウに接着する勇気はなくて・・・
ハコスカエッチングワイパー装着後
まあ、遠目でみたらわからないのでよしとします。
北澤氏「あきらめることも大事です」
フェンダーミラーはGPクリヤーで接着しました。
ハコスカサイドエンブレム
サイドエンブレムはメタルインレットでした。これにデカールのGTバッジを貼り、デカールの上にジェルクリアを塗りました。
メタルインレットって初めて貼るのですが、なんか昔のガムについていたシールみたい・・・(同世代の方はわかりますよね!!??)
ナンバープレートはエッチングパーツにデカールのskyline 2000GT-Rを貼って、クリア吹きしました。
ハコスカナンバープレート
リア周りのエンブレム、プレートを装着しました。エッチングパーツのプレート、エンブレム類は両面テープで貼り付けました。接着剤がはみ出る心配ゼロなので、精神衛生上よいですね。
ハコスカリアナンバー装着
最後にフロントナンバーを装着して、ハコスカ完成です!!
ハコスカGT-R完成!!
かっ、かっこええ〜〜〜!!
完成写真はこちら






ハコスカ 外装 その3

フロントホイールは指示通りセミグロスブラックで塗装しましたが、もう少しブロンズっぽい感じで塗装した方が良かったかも。
ハコスカ外装フロントホイール
ナットは頭のみクロームシルバーで塗っていますが、本当はナットのサイド部分も塗りたかったんです。でもスポークが迫っていて、面相筆でも塗るのが難しそうで・・・
こういうところをきれいに見事にしようと思ったら修行しかないのでしょうか・・・
センターキャップはゴールドにしてみました。

ハコスカ外装リアホイール
リアホイールです。リアホイールにはセンターキャップを付ける指示がないんですよね。。。
なんかアンバランスのような気もしますが、パーツは4個あったので、お好みで付けられるみたいです。
まあ、指示通りとりあえず無しでいってみます。
オーバーフェンダーのナット部分はクロームシルバーでチョンと触っただけ。こんなもんなのでしょうか。

ハコスカ 外装 その2

さあ、どんどん外装パーツを接着していきます。
リアのサイドエンブレムの接着です。これももともとはメッキパーツなのですが、実車のエンブレムは
ハコスカ実車リアサイドエンブレム
こんな感じで、ぜんぜんピカピカではありません。しかも形がちょっと違う・・・
というわけで、メッキを剥がしてメッキシルバーを塗装後、黒の部分のみ筆塗りしました。
ハコスカリアサイドエンブレム
矢印の部分を白で塗装されている方もおられましたが、確かにその方がそれっぽくなるかなあ・・・
この部分はどうするかまだ考え中です。
しかし、アップで見ると、所々のエッジで地が出てますね・・・
まあ、目立たない程度なので、今回は妥協します。
ハコスカ外装リア1
リアスポイラーはエクセルエポで接着、テールランプ周りのメッキパーツもメッキシルバーで再塗装しています。
skylineのエンブレムもメッキシルバーで再塗装後、デカールを貼ってクリアー塗装しています。
ハコスカ外装リア2
バックランプはこれまた裏にミラーフィニッシュを貼り、周りにつや消し黒のフィニッシュを細く切り出して巻き付けました。実車に近い感じになったんじゃないでしょうか。
マフラーはキットのものはちくわみたいな感じで、これを付けると後ろ姿が台無しなので2.3mm真鍮パイプで作成しましたが、いい感じです!!
ちなみにキットのマフラーはこんなんでした。
ハコスカキットマフラー
これはありえない!!

ハコスカ 外装 その1

窓枠処理の終了した外装ですが、シャーシをはめる前に、ウインドウガラス、ルームミラー、リアフェンダーの接着を行いました。ウインドウガラス、リアフェンダーはテープで固定後にエポキシ系接着剤(エクセルエポ)を隙間に流し込みました。このエクセルエポの流し込みですが、爪楊枝の先に付けて、ちょちょっと薄く塗るように付けていくだけで十分なのですね。。。なんか、付いているのか付いていないのか、よくわからなかったのでたくさん塗りすぎてしまったら、翌日なんとはみ出していました(涙)
幸いこの接着剤もGPクリヤーと同じで塗装面、プラスチックを侵さないのでやり直すことができました。でも強固にひっついているのをゆっくりベリベリとはがすのは気持ちのいいものではないですね。
ルームミラーはもともとはメッキパーツで、鏡以外をセミグロスブラックで塗る指定だったのですが、鏡らしく見えないのでメッキをはがしてセミグロスブラックを吹きました。
鏡を表現するのに、模型転倒虫さんの製作日記にクリアーのプラ板を切り出して、うらにミラーフィニッシュを貼って貼り付けるとありました。こんな方法があるとは・・・
クリアーのプラ板がなかったので、メーターガラス用に購入した液晶保護シートを用いました。ミラーフィニッシュを貼ってミラーの形に切り出す(これが難しい!!)のですが、ミラーフィニッシュはちょっとピンセットで持っただけでも、その跡が付いてしまって。。。シートを切り出してからフィニッシュを貼ることも試みましたが、今度は小さいミラーサイズのシートに合わせてフィニッシュを切り出すのが上手くいかず・・・
結局、フィニッシュよりももう少ししっかりとしたラピーテープをシートに貼ったあとに、ミラーの形に切り出して貼り付けました。
フェンダーミラーにも同じ手法を試みようと思ったのですが、とにかくシートを小さなミラーの形状にきれいに切り抜くことが出来ず・・・
結局、フェンダーミラーはキットのメッキパーツをそのまま接着することにしました(負けた・・・)。
いったい諸先輩方はどのようにして切り出しているのでしょうか・・・

さて、その後、シャーシと合体させ、いろいろなパーツを付けていきました。
外装の接着は、万が一はみ出てもやり直しがきくように、GPクリヤーあるいはエクセルエポで行いました。
ハコスカ外装フロント
フロントです。ポジションランプは裏にミラーフィニッシュを貼って、その裏側に接着剤を付けて接着しています。なので、クリアーパーツに接着剤は全く付いていません(剥がそうと思えば簡単に剥がれるんだろうな・・・)。
フロントグリルのヘッドライトは仮合わせではめてみたら抜けなくなった(!!)ので、接着剤なしです。
バンパー、アンダースポイラーも装着しました。
ハコスカ外装サイド
ドアノブはメッキをはがし、メッキシルバーで塗装。
鍵穴はエナメルのクロームシルバーで塗ったあと、スミ入れしました。最初に穴を開けておいてプラ棒やリベットなどで再現する方法もあるみたいですね。次は試してみようと思います。


ハコスカ 内装作成 その4

パーツが届いてから一気に進んだ内装作成ですが、インパネをサイドのドアトリムに接着して完成です!!
ハコスカ内装完成1
ステアリングホイールはシルバーの部分はメッキシルバーを吹いてみたのですが、セミグロスブラックの上からではあまりメッキ調になりませんでした。メッキシルバーは鏡面の塗装面に塗ってこそ、メッキ調が出るんですね。
センターの赤いのはデカールを貼って、その上からエナメルのクリアーを塗っています。
ハコスカ内装完成2
律速段階になっていた内装作成が一気に進行し、ハコスカ製作もいよいよラストスパートです!!

ハコスカ 内装作成 その3

内装の続きです。
このストリートカスタムには4点式シートベルトが付いています。
シートベルトの金属部分はエッチングパーツで、ベルト部分はシールを切り出して作るようになっているのですが、このシールがしょぼい・・・
ということで、ベルトを自作してみることにしました。
ハコスカシートベルト作成
机の上が汚い・・・
家の中を探して、シートベルトに近い感じのナイロン製の生地を見つけました。
これはゴルフボールが入っていた袋です。
2mm幅に切り出していきますが、オレンジなので色を塗らなければなりません。
最初、エアブラシでやろうとしましたが、ベルトが風でなびいてなかなか色が乗りません。
ということで、セミグロスブラックを薄めた液に、切り出したベルトをドボ浸けして乾燥させました。
ベルト同士の接着、シートへの接着にはコニシのGPクリヤーを使用しました。
このGPクリヤー、糸を引くのが難点ですが、はみ出しても両面テープを先に巻いた爪楊枝でちょんちょんと触れば、はみ出した部分をきれいさっぱり絡め取ることが出来ます。
ハコスカシートベルト比較
片側完成です!!
右は付属のシールです。これはしょぼい。。。
ハコスカシート装着
両方出来たので、シャーシに付けました!
アップで見ると、オレンジっぽいのがわかるのが気になる・・・
ここは後で筆塗りして補修しておきます。
ドアトリムのシルバーのラインは今回、筆塗りをしたのですが、シャープに出そうと思ったらミラーフィニッシュを細く切り出して貼った方が良かったかなあ・・・
内装完成まであと少しです!!


ハコスカ 内装作成 その2

続いてインパネの作成を行いました。
ラジオなど、スイッチ類のある木目パネルはエナメルブラウンを吹いて、スイッチ類は筆塗りです。
ハンドル横の木目パネルはシールを貼りました。
メーターのガラスをUVジェルクリアを用いて表現してみたのですが、気泡が入ったのか、固めると白っぽくなって、割れたガラスが入っているような状態になってしまいました。。。
ハコスカインパネ
この方法以外にもスマホの液晶保護シートを円形に切り出してかぶせる方法もあるようで、こちらもやってみようと思ったのですが、4mmの円を綺麗に切り出すことが出来ずに断念しました。
なかなか自分で実際やってみると、うまくいかないものですね。

続きを読む

ハコスカ 内装作成 その1

ゆっくりと製作しているハコスカですが、内装の作成が滞っておりました。
ハコスカセンターコンソール溶ける
実はセンターコンソールの木目部分をエナメルのブラウンで塗装したのですが、どうも思うような出来にならず、塗装を落とそうと思って、知識のあまり無いときにツールウォッシュ用のシンナーに浸けて歯ブラシで擦っていたら、プラが溶けてきたではありませんか!!
あわてて、取り出して拭き取るも、ご覧のように一部歪み、表面もボロボロになってしまいました。
塗装を落とすときはシンナー風呂に入れるって記事をよく読んでいたので、ラッカー用の強力なシンナー以外は大丈夫なのかなと思っていました・・・
タミヤのカスタマーサービスに部品を注文していたのですが、在庫切れで生産が再開するのが8月過ぎてからになるとのお返事をいただいておりました。
というわけで、なかなか内装が再開していなかったのですが、先週パーツが届きました!!
さっそく、センターコンソールから製作を再開しました。
木目調の塗装を行うのに、クリアーブラウンを筆塗りする方法、市販の木目調のシールを貼る方法などがあり、いろいろ試してみることにしました。
実は最初に指定色のエナメルのブラウンを筆塗りしたのですが、全然木目の感じがしなくて、その上にクリアーブラウンを塗ったら木目っぽくなったのですが、さらに塗り重ねたら真っ黒になってしまって・・・
そして塗装を剥がすはめになってしまったのです。
なので、今回は木目調のシールも試してみることにしました。
シフトノブはクリアーブラウンの筆塗り、スイッチがある部分はマスキングしてエナメルブラウンをエアブラシで、スイッチはセミグロスブラックの筆塗りで、それ以外の部分はホームセンターでフローリングの修復用の木目調シールを買ってきて貼ってみました。
ハコスカセンターコンソール
ちょっと統一感がないけど、いろいろやってみたということで・・・
木目調のシールをスイッチの部分を切り抜いて貼っていた方もいたけど、一体どうやって切り抜いたのだろう・・・
あと、シフトレバーの金属棒の部分は、プラではちょっと太く見えますね。
これも金属棒に置き換えていた方もいたな・・・
次の機会には是非、試してみたいと思います!!

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR