R32GT-R エンジン組み立て

組み立て方のわからない、ホビデのホースクリップ、
結局、こんな感じに組み立ててみました。
R32ホビデホースクリップ
うーん、これでいいのだろうか・・・
ということでこいつが出来たので、エンジンを組み立てていきます。
R32エンジン
こうして写真に撮るとおかしいところが良くわかりますね。
せっかくくみ上げたホースクリップの付ける位置がおかしいですね。
黒のゴムの部分を留めるためのものだから黒い部分に巻かないと・・・
あと、ファンの羽根が厚すぎ・・・
実は、最初はホビデのエッチングのファンを使おうと思っていたのですが、キットの羽根を切り落としてエッチングに置き換えないといけないのですが、エッチングの羽根の付け根のあまりにもの細さに曲げたらちぎれてしまうのではないかと躊躇してひよってしまいました。。。
でも、せっかくだからやっぱりエッチングを使ってみようかな・・・
R32ブレーキディスク2
ブレーキディスクはエッチングをかぶせました。模様のないものとあるものがあったのですが、模型映えのする模様つきの方を選択してみました♪
次はいよいよエンジンをシャーシにのせます!!
スポンサーサイト

R32GT-R 格闘中・・・

かゆいところに手が届くホビデのエッチングパーツ
でも初心者にはちょっと不親切すぎやしないかい???
今回、格闘しているのはこいつとです。
R32ホースクランプ2
パイプを固定するこのパーツ。
クランプ実物
これが実物。
おそらく二つのネジみたいな丸いエッチングは向かい合わせになるように折るのだと思うが、組み立て方が今ひとつわからない。
R32ホースクランプ
なに?このパイプのまわりにくるっと矢印だけの組み立て説明書??
ちょっと不親切でないかい??
諸先輩方でご存知の方がおられましたら教えて下さい・・・

R32GT-R 小物塗装

組み立てるに当たって、小物類をいろいろ塗装しました。
ボディー色が決まったので、ホイールも塗装しました。
最初、ボディーと同色で塗装していたのですが、実車の写真をよく見ると、ホイールはボディー色よりずいぶん薄いガンメタですね。
なので、シルバーに黒鉄色を加えて調色しました。
R32ホイール塗装
ボディーよりうすいガンメタに仕上げたつもりですが、如何でしょう?
センターキャップはデカールとエッチングがあるのですが、とりあえずエッチングパーツを塗装してみました。
R32センターキャップ
うーん、なんかイマイチかなあ。
この表のエッチングを使用せず、裏にデカールを貼って、その上にクリアー吹いてホイールに貼り付けようかなあ・・・
R32TWIN-TURBO.jpg
これはエンジンのパイプに付いてるTWIN TURBOのエッチングパーツ。
赤の背景にシルバーの文字なので、ラッカー赤で塗装後、エナメルのシルバーを流し込み、拭き取りました。
R32GTバッジ
これはサイドのGTバッジ。これもデカールとどちらでいくか悩みましたが、とりあえずエッチングパーツを塗装してみました。
小さすぎて、肉眼ではよくわかりません(汗)
ガンメタの上にデカールは綺麗に発色しないかもしれないので、デカールだと貼り付ける部分をシルバーあたりで塗装しないといけないですね。なので、今回はこのエッチングを使用することにします。
R32ブレーキディスク
ブレーキディスクとキャリパーです。
細かいNISSANの文字がキャリパーに付いています。
まず、全体をシルバーで塗装後、マスキングをしてキャリパーをエナメル黒で塗装、ディスクセンターをメタリックグレーで塗装しました。
文字はエナメルの黒を拭き取って出そうとしたのですが、シルバーはつきが弱いのか、エナメルシンナーで一部一緒にはがれてしまいました(涙)
なので、面相筆に薄くクロームシルバーをつけて撫でるように塗装しました。
こんなもんかなあ・・・
ディスクの部分にはエッチングを使用する予定です。

しかし、小物類の塗装は肉眼では無理ですね。
自分は職業柄、拡大鏡を持っているので、それを使用して塗装していますが、諸先輩方はどうされているのでしょうか?

R32GT-R ガンメタ調色

R32GT-Rのガンメタを調色中です。
Nissan_Skyline_R32_GT-R_002.jpg
(Wikipediaより)
実車はこんな感じだがはたして・・・

まず、指定されているタミヤのガンメタを試してみた。
タミヤガンメタ
うわーっ!!ちょっとギラギラしすぎて実車っぽくないですね・・・
このギラギラ感を薄めるためにクレオスのガンダムカラーのファントムグレーを混ぜたら・・・
分離してしまいました!!(゚д゚)!
溶媒が違うのかな・・・?


というわけで、タミヤのガンメタベースに色を混ぜることを考えていましたが、クレオスベースで調色することにしました。
クレオスの黒鉄色
クレオスガンメタ
下半分はそのまま吹いたのですが、なんかちょっと茶色味がかっている感じ。
なので、青を足して吹いてみたのが上。
ちょっとましになったか??

さらに黒鉄色にファントムグレーを混ぜて、青を足して、ギラギラ感を抑えるためにクリアを入れて吹いたのがこれ。
クレオスガンメタ+青
うーん、ちょっとは近くなったか??

というわけで実際にボディーに吹いてみました。
R32ボディ塗装1
R32ボディ塗装2
うーん、イメージ的にはもう少し青っぽい色だけど・・・
クレオスの黒鉄色自体がなんか茶色がかっているので、シルバーに黒と青を足してグレーを混ぜて・・・・
・・・・・・
・・・
これで妥協するか・・・

素人の私が使っている道具を紹介1

今回、プラモデルを作ってみるにあたって、エアブラシを購入するかどうか迷いました。
まず、第一に高価なこと。
エアブラシを使用するにはコンプレッサーがなければ使用出来ません。このコンプレッサーが高い・・・
次に、排気のこと。
エアブラシをばんばん使用するためにはブースによる換気システムを構築する必要があります。
でも、筆塗りには限界があり、エアブラシで制作されている皆さんの作品を見て、やはり使ってみたいという気持ちが強くなりました。
実はエアブラシ購入前にハコスカのサフとかを風呂場の換気扇をまわしながら新聞紙を広げてミストが付かないようにしてスプレーで吹いたのですが、スプレーのミストは半端じゃないですね。。。
ミストが付いていないように見えても風呂場がざらざらになっちゃいました。。。
というわけで、思い切ってエアブラシを導入しました。
エアブラシ
クレオスのL7/プラチナブラシセットです。密林で36922円也。
今ならもう少し安くて35000円くらいです。
L5とどっちにしようか悩みましたが、将来ウレタンを使用する可能性を考慮してウレタンも吹けるL7にしました。
エアブラシPS289がセットになってのこの値段はすごくお得だと思います。
L7のコンプレッサーの音ですが、夜中に使用しても自分はあまり気にならない程度の音じゃないかと思います。
次にペイントブースですが、タミヤのペインティングブースIIのシングルファンにしました。
ツインファンにするかどうか迷いましたが、値段が10000円程度でお手頃なのと(ツインファンとは8000円くらいの差があります)、将来ツインファンに拡張出来るということで、まずは安いシングルで始めることにしました。
ペイントブース
排気は窓からクレオスのアタッチメントを付けて行っています。
マンションの廊下の壁をよごすわけにはいかないので、台所の換気専用のフィルターを貼り付けて使用しています。結構すぐ、この貼り付けたフィルターが汚れるので、ブースの換気効果はまずまずではないかと思います。
今のところ、窓の外の排気口のまわりが汚れるようなことはありません。
問題としては、クレオスのアタッチメントを付けても窓を3cmくらいは開けないといけないので、夏は虫が入ってきます。
この排気に関しては、窓を開けなくてもいいように、いずれ部屋の換気口へ取り付けようかなと思っています。

R32GT-R ボディー修正

サフを吹いて修正が必要なところを直していますがなかなかうまくいかず・・・
パテの部分にスジ彫りを追加したらパテが割れたり・・・
なかなか納得のいく仕上がりにはならなかったのですが、これ以上なってもキズを深くするだけかなと思い、妥協することにしました。
「あきらめることも大事です」
R32ボディー修正サフ後
フロントガラス上部の窓枠がイマイチですが、つや消し黒で塗装する部分なので目立たないと信じて・・・
R32ボディー修正サフ後2
こちらの窓枠のスジ彫り、少し浅いけど、きれいに塗装出来れば関係ないよね!?
R32ボディー修正サフ後3
ボンネットを合わせてみました。
だいぶサイドを削ったつもりでしたが、合わせて見るとギリギリです。
もう少し削らないと、クリア塗装後には入らなくなってしまいそうです。
R32黒パーツ塗装
ベースが黒のパーツの塗装を一気に行いました。
まだまだ先は長いです。。。

R32GT-R ボディー塗装の準備

シャーシ作成の前に今回はボディーの塗装を行うことにしました。
シャーシは乾燥待ちの間に作ればいいですよね。
ヒケはトランクの部分に少し、パーティングラインは両端にしっかりとあり、これらを処理。
その後、前回、シャープなスミ入れが出来なかったので、今回はスジ彫りをかなり念入りにしました。
今回使ったのは0.2mmのBMCタガネと0.1mmラインチゼル。
太めのラインは0.2mmで、細めのライン(窓枠など)は0.1mmで行いました。
どっちも削れる、削れる!!
これまで使っていたけがき針とは大違いです!!
でも、直線はいいのですが、曲線のところでコースアウトしまくりです(涙)
フロントの窓枠は、もともと一部欠けていたのもあって、かなり悲惨な状態となってしまいました。
R32ボディー整え
コースアウトしまくったキズを時短のため光硬化パテで修復です。
R32サフ前
溝もマスキングテープを貼ってガイドにしてスジ彫りをし直して書きました。
そして、試しに軽くサフを吹いてみたところ・・・
R32サフ後1
フロントの窓枠上部が全然、溝が彫れていない!!
サフを吹く前はいけてるんじゃあないか、なんて思っていたのですが・・・
Aピラーの上部、ドア側の窓枠もつぶれています・・・
R32サフ後2
左側は窓枠自身が全然シャープになっていませんね。
もっとスジ彫りしないと・・・
R32サフ後3
今回、ターンシグナルランプの部分はリューターで開口してみました。
辺縁が凸凹ですね。もっとペーパーできれいにしないと。。。
ライト付近のパーティングラインもまだ一部残っていますね。

というわけで、まだまだ修復しなければならないことだらけです(涙)

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR