R32GT-R ヘッドライト加工

本当はこんなことするつもりはなかったんです。
でも、見てしまったらもうやってみたいという衝動を抑えられません。
R32スカイラインですが、実車のヘッドライトはプロジェクター部分が目玉のようにすごくはっきりしていますよね。
R32前期ヘッドライト
実車のヘッドライトです。前期のものです。
R32GT-R.jpg
キットの箱絵をみると、このGT-Rは前期のヘッドライトを付けています。
でもこのキットを普通に作るとこうなります。
R32タミヤ
(タミヤのwebsiteより)
目玉があるのかないのか、ようわからん・・・

このプロジェクター部分をストローで再現している方がおられました!!
pageさんという方なのですが、ボンネットを始め、ドア、トランクまでフル開閉の素晴らしいGT-Rを作られています。
フル開閉なんて真似出来ないけど、このヘッドライトの加工くらいなら真似出来そうだな・・・と思いやってみます。

4mmのストローをヘッドライトのカバーガラスに可能な限り密着するように斜めに切りました。
ストローってハサミとかで切るとつぶれてしまって、綺麗な面で切り出せないですよね。
カッターも切れ始めるまでがちょっと時間がかかって、それまでに押しつぶしてしまう。
なので、エッチングのこぎりで切れ目をいれて、デザインナイフでしごいて出来るだけ面で切り出しました。
それをレンズの周りにかぶせてみました。
R32ヘッドライト加工1
まだ塗装前ですが、向かって右がストローで作った筒をかぶせた状態。左がキットのままです。
これにカバーガラスをかぶせてみます。
R32ヘッドライト加工2
おおっ!!なんとなく、目玉部分が強調されているではありませんか!!
これはイイ感じなので、頑張ってやってみます!

R32GT-R ぷちディテールアップ

ディテールアップというほどではないのですが、小物を作ってみました。
0.5mmの真鍮線を折り曲げて、穴を開けたプラ板を通し、エポキシ接着剤で固定しました。
R32リア牽引フック作成
そうです。牽引フックです。
タミヤのこのキットにはリアバンパーにこの牽引フックの穴があるのに、肝腎のフックがありません。
穴だけあって、フックがないってどうよ??
R32リア牽引フック装着
装着してみました。
うん、なんとなく、イイ感じじゃあないでしょうか。

R32GT-R ボディー鏡面仕上げ

内装と平行してボディーの仕上げにも取りかかります。
まずは鏡面仕上げです。
中研ぎをしてクリアーを吹いているので、ゆず肌も軽めです。
今回はラプロスを使用してみました。
ラプロスの6000番で磨いて、タミヤのコンパウンド細め→仕上げ→ハセガワセラミックと磨いていきました。
ラプロスいいですね!神ヤスリもよかったですが、ラプロスの方が布なので角が近いところでも攻めていけるような気がします。
こういうものの存在を知ったら、普通のサンドペーパーは使えなくなりますね。。。
R32ボディー鏡面仕上げ
角を絶対に出さないと誓ってやりました。角は徹底的にマスキングしました。
写真はルーフの部分をまず磨いたところです。
R32鏡面仕上げ2
ボンネット部分も磨きました。
さて、今回で3台目の磨き作業なのですが、ボディーでもルーフ、ボンネット、トランク部分はいいのですが、サイドやバンパー部分など、ちょっと研いだだけで角がでてしまう部分がどうしても甘くなってしまいます・・・
遠目で見るぶんには良いのですが、写真でアップなどを撮るとどうしてもあらが見えてしまいます。
この鏡面仕上げ、みなさん、どこまで攻めているのでしょうか??
R32-鏡面仕上げ完了
とりあえず、後に置いた雑誌がボディーに映り込むくらいにはなりました。
これにて鏡面仕上げは終了とします。

R32GT-R 小物いろいろ

フロントグリルの下のエアインテークですが、キットのパーツではせっかく開いているところをフタしてしまいます。
ホビデのエッチングに置き換える予定で塗装をしていたのですが、仮組するとあまりにサイズがピッタリすぎて、のりしろがありません!!
R32メッシュ切り出し
というわけで、ハセガワのモデリングメッシュで置き換えることにしました。
R33での反省を活かして、今度は縦横間違えませんよ!!

バックランプの塗装もしました。
R32バックランプ塗装後
でもこのバックランプ、実車とはちょっと違うんですよね。。。
実車っぽく見せるには、何か工夫がいりそうな、、、

メーターですが、これもエッチングが用意されています。
R32メーターエッチング
左がデカールです。
立体感があって良いのですが、細かすぎる・・・
こんなん、きれいに塗り分け出来るんかいな・・・??
まあ、やってみて、ダメならデカールを使用することにします。

R32GT-R ヘッドライト周り続き

ヘッドライトの縁ですが、つや消し黒フィニッシュでは角が浮くので、塗装してみました。
R32ヘッドライトとウインカー塗装後
まあ、こんなもんかなあ・・・
ウインカーは上側の縁だけ黒で縁取りしました。
で、どんなもんかとボディーにはめてみました。
R32ヘッドライトとウインカーはめてみた
うっ・・・
鼻血でそう。。。カッコよすぎる・・・

R32GT-R ヘッドライト周り

時間がかかりそうな内装と平行して、出来ることをやっていきます。
まず、ボディーのクリアーも乾いてきた頃なので、ヘッドライトのリフレクター部分をメッキシルバーNEXTで塗装しました。
R32ヘッドライトリフレクターマスキング
出来るだけ、マスキングテープをボディーに貼りたくないので、必要なところ以外はナイロン袋で覆っています。
R32リフレクター塗装
イイ感じに塗れました♪

さて、実車のヘッドライトですが、
R32実車ヘッドライト3
ご覧の様に縁が黒くなっています。
これをどう表現するか・・・
R32ヘッドライト縁つや消しフィニッシュ
塗装にするか、つや消し黒フィニッシュを貼るか、迷いましたが、とりあえずすぐに修正出来るフィニッシュを貼ってみました。
でも、角の部分で浮いてしまってイマイチですね・・・
R32ヘッドライトはめてみた
一応、ボディーにはめてみました。
まあ、これでもよさそうだけど、塗装の方が綺麗に仕上がるかなあ・・・
ちょっと、塗装でもトライしてみます。

R32GT-R ウインドウ分割

内装と平行して、ボディーに取り付けるパーツを仕上げていきます。
まずはウインドウです。
仮組みしてみたところ、フロントとサイドはなんとか合うのですが、リアがどうしても少し浮いてしまいました。
なので、ここは諸先輩方を見習って、リアのウインドウのみ切り出してみました。
R32ウインドウ磨き前
切離線の周囲のウインドウをマスキングして、Cピラーの部分の真ん中でリューターの円ノコを用いて切ってみました。
円ノコは初めて使ってみましたが、最初は切れが良いのですが、だんだん切れが悪くなって、どうしても途中で止まらざるをえなくなってしまいます。。。
一気にうまく切る、なにかコツはあるのでしょうか?
Cピラーのような太い部分なら大丈夫ですが、今の技術ではAピラーを切るのはちょっと怖いです。

このキット、フロントはまだましなのですが、サイドのウインドウが分厚いのか、ヒケがあるのか、ウインドウを通して見ると、向こう側が歪んで見えます。
R32ウインドウ磨き後
フロントウインドウをコンパウンドで磨いてみました。
サイドはやはり歪みが気になります。
というわけで、ウインドウの研ぎ出しにも挑戦してみたいと思います。

R32GT-R 内装作成4

内装の指定色ってインストと実車ではずいぶん異なることがありますよね。
今回、内装の中心となる色はジャーマングレー。
シート、ダッシュボードなどにこの色が指定されています。
実車のコックピットです。
image_history03_07_large.jpg
ダッシュボードとシートではずいぶん色の感じが違います。
シートはずいぶん明るい感じがします。
ジャーマングレーですがクレオスとタミヤでこれまたずいぶん色が違います。
R32ジャーマングレー
左がタミヤ、右がクレオス。
タミヤの方が明るめです。クレオスは暗くて、しかもややテカりがあります。
なので、今回、シートはタミヤのジャーマングレー、ダッシュボード他はクレオスのジャーマングレーを使用してみます。
R33インパネ塗り分け
ダッシュボードはクレオスのジャーマングレーにセミグロスブラックで塗り分け。
どっちも暗い色なので、わかりにくいですね。。。
R33室内塗り分け
室内のクレオスとタミヤのジャーマングレーの塗り分け、わかりますでしょうか?
窓から見たら、おそらくほとんど同じにしか見えないんでしょうけどね。。。

R32GT-R 内装作成3

ドアの内張をどのように作ったらよいか、悩んでいます。
切り抜いてはみたものの、モデルカーズの製作例のような感じにするにはどうしたらよいのだろう??
R32ドア内張穴あけ
とりあえず、中を覗いて目に付く部分を作ることにしました。
ドアのロックレバーの部分を穴をあけました。
R32ドア内張製作2
モデルカーズの製作例を真似してみました。
ちょっと実車とは違いますが、雰囲気が出てればよいかと・・・
R32ドア内張製作
これにパテを塗って、整形してみます。

WAVE ペイントラック

R32GT-Rの内装ですが、ちょっと停滞中です。
なので、ちょっと話題を変えて・・・
ヨドバシ.comっていいですね!
Amazonが2000円以上でないと送料が無料にならなくなってから、ヨドバシの方を利用することが多くなりました。
塗料1本でも送料無料なので、なんだか申し訳ないです。
というわけでポチポチ塗料を買っていたら、だんだん増えていってしまいました。
塗料ごったがえし
ダイソーで買った積み上げ式の小物ケースに塗料がごったがえしています。
下の引き出しは手前にいろいろものを置いていて、なかなか取り出しにくい・・・
上の棚は強度がないので、真ん中が凹んでいる!!
というわけで、こいつを買いました!
ペイントラック組み立て前
waveのペイントラックです。
一時、品薄になっていて、amazonでは10000円ほどで売っていましたよ(゚д゚)!
amazonって品薄になるとこちらの欲しい心情を逆手にとるかのごとく、値上げしてることがありますよね。。。
ペイントラック
綺麗に整理整頓出来ました♪
これからもっと増えるんでしょうね・・・
諸先輩方はいったいこのラックをいくつ持っておられるのでしょうか・・・

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR