ケンメリGT-R 下ごしらえ7

まだボディーにサフすら塗れていない状況です。
色はどうしよう?
ケンメリGT-Rは白、赤、シルバーの3種類みたいですね。
ハコスカ同様、やはりシルバーかなあ・・・?
さて、前回見事に失敗したフェンダーミラーのフィッティングに再挑戦しました。
今回はポリパテを使用し、もう少し少なめにパテを盛って修正してみました。
ケンメリミラー修正ポリパテ
今回はポロッと取れることなく、いけましたよ!!
ケンメリミラー修正後1
ほとんど隙間なく、ボディーに合わせることが出来ました♪
ケンメリミラー修正後2
こんなもんかなあ・・・?
牛歩のごとく、進んでいます。

スポンサーサイト

ケンメリGT-R 下ごしらえ6

さあ、どんどん行きますよ!!
悩んでばかりでなかなか進まないケンメリの下ごしらえ。
フロントマスクを眺めては、周囲のメッキ部分をどうやってきれいに仕上げようか・・・といろいろ思考をめぐらせます。
ケンメリフロント
うーん。。。
ケンメリボンネット開口
こうなっちゃいました。
別にエンジンルームを再現するつもりなんか全くありません。
こうすれば少しは周囲のメッキ部分の仕上げがしやすくなるかなあと思って(汗)
フロントをこうしたら・・・
ケンメリトランク開口
リアもこうしないとバランス悪いですよね。
あっ、トランクルームの再現なんて、これっぽっちも考えていないです。
このケンメリ、完成するのだろうか・・・

ケンメリGT-R 下ごしらえ5

まだまだ下ごしらえが続きます。
フェンダーミラーの接着部のマーキングは目を凝らさないと見えません。
しかも、このケンメリはミラーの角度が難しい。
ケンメリ実車フロント
結構、付け根の部分は開いているけど、ミラーの部分は水平のように見えます。
ケンメリひどいフェンダーミラー
キットのミラーですが、これは・・・!!
バリはひどいし、段差はあるし、ちょっと恐ろしい状態です。
ケンメリフェンダー軸打ち
パテを盛って、軸打ちしてみました。
写真ではわかりにくいですが、ピンバイスの方向がまずくて、ちょっと付け根の横壁を突き破ってしまいました(汗)
まあ、あとでパテを盛って隠しておきましょう。。
しかし、軸を打つのはいいとして、正しい位置にみなさん、どのようにして合わせているのでしょうか?
ケンメリフェンダー仮合わせ
とりあえず、それらしい位置と方向にボディーの方は穴を開けましたが、当然フィットしませんよね。
ケンメリフェンダー修正
ここは転倒虫さんの方法で修正します♪
ボディーにセロテープを貼って、パテを盛ってミラーを正しい角度で刺しました。
このあと、余剰部分を削り取ろうとしたのですが、パテに光硬化パテを使用したのがまずかったのでしょうか・・・
あっさり、ミラーからパテがポロっと取れてしまいました(涙)
出直しです。

ケンメリGT-R 下ごしらえ4

下ごしらえが続きます。
ケンメリ実車リア
ケンメリ実車のリアです。
リアスポイラーがリベットで固定されているので、これを再現したいと思います。
ケンメリリアスポイラー
今回、フジミのキットを組むのは小学生の時以来で、ほとんど初めてに近い状態だったのですが、ゲートがタミヤに比べてずいぶん太いという印象がありました。
タミヤはほとんどギリギリにニッパーを入れられましたが、フジミで同じことをするとえらいめに会います・・・
ボディーもずいぶんと厚みがあるなあという印象です。
ケンメリリアスポイラーマーキング
スポイラーを固定して、リベットの位置をマーキングしました。
一瞬、トランクの幅よりスポイラーが大きいのでドキッとしましたが、実車写真がそうなっているので安心しました。
リベットは志賀針の3号を使ってみることにして、0.5mmのピンバイスで穴を開けました。
ケンメリリアスポイラーリベット
志賀針を刺してみました!!
オオオッ!!エエ感じやないですか!!
ケンメリリアスポイラーリベット裏
裏はこんな状態に!
恐ろし〜

ケンメリGT-R 下ごしらえ3

下ごしらえが続きます。
位置が全然違うクォーターエンブレムの移動のための下ごしらえをします。
ケンメリ実車サイド
http://www.theverge.com/2016/3/23/11293378/nissan-skyline-gtr-photos-nyias-2016より
実車です。
これと比較して、キットのはずいぶん後ろ側に付いています。
なので、正しい位置をマーキングしました。
ケンメリクオーターエンブレム移動マーキング
こんな感じかなあ??
それにしても、何でこんなに位置が違う金型にしたのでしょうか??
頼むで、フジミ!!
エンブレムはおゆまるで型取って、複製しておきました。
エンブレムをこの位置に貼り付けるという方法もあると思いますが、エンブレムがはまっている感を出したいので穴を開けてはめることにしました。
というわけで、このマーキングの穴を開けます。
ピンバイスの細いものから徐々に太くしていき、エンブレムより少し大きめの穴を開けました。
ケンメリクオーターエンブレム穴開け
うーん、きれいな穴を開けるのって結構大変ですよね。。。
その後、もとのエンブレムをやすりで削り取りました。
ケンメリクオーターエンブレム穴開け後
そして、ためしにエンブレムをはめてみました。
ケンメリクオーターエンブレムはめてみた
おおお!!なんとなくイイ感じ♪
まだまだ下ごしらえが続きます・・・

ケンメリGT-R 下ごしらえ2

いろいろ考えてて停滞気味のケンメリですが、ボディーの下ごしらえを進めていきます。
またまた、素晴らしい作品を作られている方のホームページを見てしまいました!!
N’sさんという方のホームページなのですが、小指の先ぐらいのエンジンを自作して組み立てておられました(゚д゚)!
その方、スリットを必ず抜いているのですが、リューターで裏からガリガリやって表からツンツンして抜くそうです。
というわけでやってみました。
ケンメリスリット
なかなか裏からうすうすにする勇気はないので、裏からガリガリしながら、表からタガネで掘るという方法でやってみました。
ケンメリスリット開け
な、なんとか抜けました・・・ハァハァ

平面的なドアノブを別パーツで作製するので、とりあえず穴を開けてみました。
ケンメリドアノブ切り抜き
さて、ドアノブをどうやって作ろうか・・・??

オーバーフェンダーのリベットを虫ピンで再現してみることにしました。
というわけで、リベットの突起を削って、0.3mmのピンバイスで穴を開けました。
ケンメリオバフェンリベット穴開け
とりあえず、タイヤ一つ分、な、なんとか開けました・・・ハァハァ
あと、21ヵ所・・・<丶´Д`>ゲッソリ

まだまだ下ごしらえが続きます。。。

タミヤペインティングブース改造(ツインファン化)

風邪をひいてしまって、ケンメリの作業は一時中断しています。
というわけで、本日はタミヤのペインティングブースについて書きます。
あくまで初心者による初心者のための考察です。
タミヤのペインティングブースですが、シングルファンとツインファンの2種類があります。
私のようなエアブラシ初心者は恐らく、どっちを買ったらいいか、迷うと思います。
120secのお勧めは、とりあえずシングルファンを買っておいて、必要があればツインファン化すればいい、です。
今回、ツインファン化してみました。
タミヤブース改造前
これまでシングルファンで排気口を窓からクレオスのアタッチメントを付けて出していましたが、ちょっとでも窓に隙間があると、やはり夏場は虫がどんどん入ってきます!!
120sec的には換気力より、この虫が入ってくるのが一番の問題でした。
そこで排気口を部屋の換気口に接続して、窓をあけずに済むように改造することにしましたが、せっかくなのでこの機会にツインファン化することにしました。
タミヤブース改造後
というわけでツインファン化して、一つを部屋の換気口から出して、もう一つはこれまで通り、窓から出せるようにしました。
これで、とりあえずは窓を開けずに使用し、換気が弱いと感じたときに窓をあけてツインファンで使用出来るようになりました。
ところで、このあとからツインファン化するときに気になるのはツインファン化の費用ですが、今回、タミヤのカスタマーサービスでツインファン化に必要な部品を購入しました。
必要な物品は
19804398 S/W ペインティングブースII ファンユニット(取付けネジ付) ¥5,616
19804399 S/W ペインティングブースII ツイン用背面パネル・ハンドル ¥1,296
あと、
89933 AO-7019 ペインティングブース用排気ホース(50cm) ¥756
が必要ですが、このホースはヨドバシとかで600円くらいで購入できますので、タミヤのカスタマーサービスに注文しなくても大丈夫です。
Amazonでシングルファンとツインファンの値段の差が7000円くらいなので、あとからツインファン化してもほとんど費用は変わらない、ということになります。
なんか、どんどんプラモ作りにはまっている自分が怖いです・・・

ケンメリGT-R 下ごしらえ

どうするかまとまらず、なかなか進んでいないケンメリですが、出来ることから少しずつ始めていきます。
まずは気になった部分の修正を・・・
このキット、フロントのオーバーフェンダーにタイヤが干渉してフロントタイヤのステアが出来ません(>_<)
ケンメリオバフェン削る前
なので、干渉する部分を削ってみました。
ケンメリオバフェン削った後
うーん、ちょっとはステア出来るようになったけど、全然ですね・・・
オーバーフェンダーの形もちょっと変わっちゃいました(汗)

リアバンパーの反射鏡の部分をどうするかはまだ検討中ですが、
ケンメリリアバンパーくり抜き
とりあえず、くり抜いてみました。

インパネもどうするか検討中ですが、
ケンメリインパネくり抜き
とりあえず、くり抜いてみました。

このあと、一体どうなるのでしょう!!??
見るも無惨なケンメリが出来上がるのではないかと不安です。。。

ケンメリGT-R ホイール選定2

実はアオシマのキットにもワタナベのホイール(だと思う)が付属していたんですよね。
でもアオシマのタイヤってフジミのに比べてちょっと直径が大きいんです。
ケンメリフジミとアオシマホイール
同じ鉄ちんホイールで比較するとこんなにも大きさが違うんです。
左がアオシマ、右がフジミです。
ワタナベホイールフジミとアオシマ表
ワタナベのホイール同士で比較すると、同じ15インチとうたっていながら、ホイール自身はフジミの方が大きくみえます。
でもフジミの方が扁平タイヤっぽくて、タイヤの直径はアオシマの方が大きいです。
フジミのタイヤをアオシマに履かせてみたら、やはりホイールの直径はアオシマの方が小さく、スカスカでした。
ワタナベホイールフジミとアオシマ
このアオシマホイールもポリキャップ式ではありません。
でも穴を大きくすればポリキャップをはめることが出来そうです。
ちなみにフジミのホイールは軸をはめる部分はポリキャップより径が小さく、穴をあけてポリキャップをはめることは出来なさそうです。
アオシマワタナベポリキャップ
アオシマのワタナベホイールに穴をあけてポリキャップをはめてみました。
そして仮組みしてみました。
アオシマワタナベ装着
うーん、悪くはないが、やはり少しタイヤが大きいような気がします。
ちなみにフジミのホイールを無理やり履かせてみると・・・
フジミワタナベ装着
これはカッコいい!!(個人の感想です)
なんとかフジミのホイールを付けられるように改造します・・・か?

ケンメリGT-R ホイール選定

鉄ちんホイールもいいけど、やはりケンメリといえばワタナベのホイールですよね!
というわけで、ケンメリを製作されている方がよく付けておられる定番、フジミの15インチワタナベ浅リムを買いました。
ワタナベホイールふじみ
じゃん!!
ワタナベホイール中身
おおおっ!!やっぱりカッコいいですね!!
ワタナベホイール裏
ん?何か裏の形が・・・
ワタナベホイール注意書き
ガーン!!
このケンメリ、ポリキャップ式なんですけど!!
どうしよう・・・

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR