相互リンクのお知らせ

このたびヒロシのホビーライフ雑記帳のヒロシさんに相互リンクを張っていただけました!!
nanapapaさんにリンクしていただき訪問される方の数が増え、ヒロシさんにリンクしていただきさらに増え、お二人の凄腕モデラーとしての影響力をひしひしと感じております。

いったいどんな凄腕モデラーのページなんだろうと期待してこのブログを訪問されたみなさん、

残念ながらこのブログはプラモデル初心者が模型作りと日々格闘する様子を綴ったものなんです(汗)
なのでご参考になるような凄業などはいっさいありません!
逆に、ここはこうした方がいいのに・・・と思われた方はコメント欄でご教授いただけると有り難いです!!

尚、わたし120secは現在の所、こちらからの相互リンクのお願いはしておりません。
それはベテランモデラーさんのすばらしいHPに、駆け出しの私なんぞがリンクをお願いすることは失礼だと思っているからです。
でも、とりあえず1年間このブログを続けられて模型作りが少しばかり上達した暁には、お世話になったベテランモデラーさんに相互リンクのお願いをしたいと思います。
こんな駆け出しモデラーのわたしと相互リンクを張っていただいたベテランモデラーのぬぽさん、nanapapaさん、トンカツおやぢさん、ヒロシさん、有難うございました!!
みなさま、これからもどうか暖かい目で120secの成長を見守っていただければと思います。
よろしくお願いいたします!

ケンメリGT-R リアテールランプ塗装2

さて、内側のランプの外丸がリアガーニッシュと同色の黒なので、外丸より内側がマスキングされるようにテープを貼り直して再度セミグロスブラックで塗装しました。
ケンメリ実車テールランプ
実車です。外側のランプの赤いランプより外側、メッキサークルの内側の部分は黒いんですよね。
でもキットのランプのこの部分を表側から黒く塗るのはちょっと難しそうだったので、この部分は裏側から塗りました。
裏からなので、つや消しにはなっていませんが(汗)。で、こんな状態。
ケンメリテールランプリング前
まあ、こんなもんでしょうか・・・
さあ、いよいよサークルの塗装ですが、はたしてうまくいくのか、とりあえず一つだけ外ランプの外サークルを試しに塗ってみました。
ケンメリテールランプリングマスキング
マスキングが勝負です。とにかく、均一幅のサークルに仕上がるように丁寧にマスキングしました。
塗装はメッキシルバーNEXTで行うことにしましたが、メッキシルバーを塗る前にクリアーを吹いて、マスキング部分を完全にしました。
そしてメッキシルバーで塗装です。
果たして・・・
ケンメリテールライトリング
おおっ!!
ケンメリテールランプリング2
おおおっ!!
120sec的にはまあまあきれいに塗れたと思います!!
あと、5つのサークル、頑張ります!!

ケンメリGT-R リアテールランプ塗装1

さあ、ケンメリGT-Rの特徴でもある、リアテールランプの塗装を行います。
まだ、ボディーが何も出来ていない状態ですが、テールランプがうまく塗装出来るか否かで、このケンメリ製作のモチベーションが変わってきますので、この段階でやってみることにしました。
とにかくマスキング&塗装です。
塗装はエアブラシを用いて、筆塗りはしない、という方針でいきます。
ケンメリテールランプオレンジ
まずはクリアオレンジを塗りました。
ケンメリテールランプオレンジマスキング
次にクリアオレンジとクリア部分をマスキングして、クリアレッドを塗りました。
ケンメリテールランプレッド
次にランプ部分をマスキングして、周囲をセミグロスブラックで塗装しました。
ケンメリテールランプブラック
丸いランプ部分のマスキングはハセガワのトライツールのテンプレートセットの円を用いてマスキングテープを切り出しました。
それでもピッタリとはいかないので切り出した円を3等分くらいして少しずつずらしてぴったりと貼り付けました。
ここまで順調のように見えますが、内側のランプの外丸はメッキじゃなくて黒なんですよね。。。
マスキングでは全部覆ってしまっています。
ケンメリテールランプちょい失敗
当然、黒く塗れていません(汗)
もう一度マスキングして修正です!!

ケンメリGT-R 初サフ!!

まだ色も決めていないケンメリですが、ゆっくりと進めております。
ケンメリアンダーパネル修正
フロントのアンダーパネルに開けたナットの穴の位置が気に入らなかったので、開け直しました。
ケンメリアンダーパネル修正2
もとの穴はプラ棒の先を削ったものを突き刺して埋めました。

そして、待望の初サフ!!
とりあえず、ボディーの修正箇所を把握するために吹いてみました。
ケンメリサフ
いっぱい修復するところがありそうです(涙)

ケンメリGT-R 今更ながらキットと実車の比較

下ごしらえをのんびり進めているケンメリGT-Rですが、サイドから見たところが実車とずいぶん違って見えたので、今更ながらキットと実車を比較してみました。ベテランモデラーさんは皆さん、作る前にやっていますよね。
まあ、比較して違っていたとしても、それを改造する技量はもっていないので、単に比較するだけですが・・・
ケンメリ実車と比較
まず前後のバランスですが、実車と比較してキットでは若干フロントノーズが長いですね。
そして、それがそのまま後にずれ込んで、ホイールベースは延びているのですが、リアのオーバーハングがキットではすごく短くなっていて、それがリアウインドウの傾斜にも反映されており、キットでは実車より急斜面になってしまっています。
上下のバランスで見ますと、フロントノーズにおいてキットではフェンダーより上の部分が実車より長く、そしてルーフの部分が丸く厚くなっています。
そのため、実車よりずいぶんずんぐりむっくりと見えますね。
まあ、実車と模型が違うことはよくあることだと思いますので、スルーさせて下さい。
でも、ベテランモデラーさんだったらどうするのかなあ??
ホイールベースから改造するのでしょうか?リアの傾斜はどうするのだろう??
気になります。。。

何で模型作りってこんなに夢中になるのだろう?

外勤先で当直中で模型を弄れないので、適当に書いています。
nanapapaさんのブログでご紹介いただいてから、こんな初心者のブログに足を運んで下さる方が増えました。
今まで、ほぼ毎日更新していたのに、ちょっとここしばらく仕事が忙しくなったのと忘年会シーズンで模型製作が停滞しています。
でも、続けるには何か書いて更新しておくのがいいのかな、と思ったのでとりあえず書こうと思います。

単身赴任中の暇つぶしにハコスカを買ってきて作ろうとしたときに、塗装ってきれいにするにはどうやってやるんだろう?と思ったんです。一応、きれいにつくってみたかったんです。
ちょっと頑張れば出来るんじゃないか、なんて思って。もちろん、道具は何もない・・・です。
でも中学生の時にスプレー塗装をしたときの記憶が残っているんです。
たっぷり塗ったら垂れるわ、それを恐れて薄吹きしたら、ゆず肌になるわ・・・
そしてほこり!!
たっぷり塗ったところには小さなほこりがたくさん・・・!!
というわけで、ネットで模型作りについて調べました。
模型、塗装、やり方・・・なんかで検索したところ、パーティングライン、ヒケ、研ぎ出し・・・
今まで知らなかった世界がそこにはありました。
そしてエアブラシ!
このエアブラシを結局は購入したのですが、これには相当悩みました。
たった1台のハコスカを作るのに3万円も投資するのは・・・でもきれいに作りたいし・・・
エアブラシ、購入してもブースがないと、部屋の中がすごいことになるよなあ・・・
そうするとやはりブースも必要だし、ブースを買うと、排気を外へ出すために窓際に設置せんといかんよなあ・・・
あ、部屋の窓はマンションの廊下に面しているから、ここからシンナー臭が漂ったらまずいよなあ・・・
マンションの壁が塗装のミストで色が付いてしまったらまずいよなあ・・・
まだ買ってもないのに、いろいろネガティブな思考ばかりが巡って・・・
でも買っちゃいました。
そして買ってから、最初に使うまでのハードルがまた高かった・・・
これは習うより慣れろですね。まあ、思ったのは適当にやってもなんとかなる、でした。
さて、キットを作り始めて最初につまづいたのは、フロントマスクの部分でした。
このフロントマスク、メッキパーツなのですが、グリルやヘッドライト周囲は黒いんです。
ええっ??こんなのどうやって塗り分けるの??
マスキングして塗装するにしてもきれいな円の形にどうやってマスキングしたらよいのかわからない・・・
というわけでネット巡りです。
そこで、いろいろなものを目にしました。
タイヤハウスの位置が微妙に違うからということで前を削って、後ろはパテ盛りして修正したり!?
こんなに自由自在に変えられるのか!??
なになに、このモールドで表現されているグリル部分をくり抜くのか!??
メーターにカバーガラスを!?
シフトレバーを真鍮線に!?
アンテナは自作!??ワイパーも自作!!??
カローラをサニーに!?
もうわけがわかりません(笑)
そうして、いろいろ知識を得て出来た第一号がハコスカです。
ハコスカ右前
今見ると、フェンダーの厚み、ワイパーのフィッティング、フロントグリルをメッシュ化にしておけば、ポジションライトにリフレクター表現があれば、などなどいろいろ思いますが、当時の自分としては、初心者同然の自分がネットの情報だけで、そこそこきれいな作品を作れたことに驚きました。
そして、しばらくこの作品をうっとり眺めていました。おそらく、諸先輩方であればわかっていただけると思います。
いつまでも眺めていたい。。。そんな気持ち・・・
そうなんです。自己満足なんです!!
というわけで本題なのですが、模型作りにこんなに夢中になるのは、やはり自己満足を得られるからなんでしょうね。
精巧に出来たミニチュアモデルは、それだけでも見ていて楽しいのですが、それが自分が作ったモノとなると、満足度は半端ないですね!!
ケンメリも完成の際には、「ケンメリ、かっこええ〜〜」と自己満足出来る作品に仕上がる様に頑張りたいと思います。

ケンメリGT-R ボディー色

忘年会シーズンになりましたね!
というわけで、ケンメリ作製がちょっと停滞しています。
まだ、サフも吹いていない状態ですが、ボディーの色をどうするか、悩んでいます。
ケンメリGT−Rシルバー
http://www.theverge.com/2016/3/23/11293378/nissan-skyline-gtr-photos-nyias-2016より引用
やはりシルバーが定番かな、と思ったのですが・・・

GT-RC110
いやあ、赤もカッコいいかなと思って・・・

もうしばらく考えます。。。

ケンメリGT-R 下ごしらえ10

フロントとリアのバンパー周辺の加工を行いました。
フロントはバンパーにリベットを付けてみました。フェンダーとアンダーパネルの合わせ目に六角ボルトヘッドを付けてみました。
ケンメリフロント志賀針リベット
リベットは志賀針を使ってみましたが、ちょっとヘッドが厚みがあって丸すぎて(バンパーと接する側も丸いんです)バンパーから浮いて見えますね・・・
ケンメリフロントナット
というわけで、アドラーズネストのリベットヘッドを付けてみました。
写真だとあまり変わらないように見えますが、バンパーに密着して、実車に近い感じになったように思います(たぶん・・・)。
六角ボルトヘッドはアドラーズネストのSサイズのものを使ってみましたが、写真でアップで見ると少しオーバースケールに見えますね・・・
もうワンサイズ小さいのにしようかな??


リアバンパーの反射板の部分ですが、透明プラ板を切り出して裏にヨーグルトの銀紙を貼り付けてはめ込むことにしました。
まずは透明プラ板を切り出します。
ケンメリリアレフレクター
マスキングテープに型を取り、透明プラ板に貼り付けて切り出しました。
この切り出しがはさみで切ったりしていて、どうしてもうまく出来なかったのですが、これもnanapapaさんのブログでニッパーで切り出しているのを見て、それにならってやってみるとすごくきれいに正確に切り出せました!
実際は少しだけ大きめに切り出して、やすりで少しずつ削ってサイズを合わせました。
ケンメリリアリフレクター2
メッキパーツの上から赤を塗装するよりはよい感じに仕上がるであろうと信じてやってみます。

ケンメリGT-R 下ごしらえ9

ケンメリ実車フロントバンパーのウインカーのレンズですが、実車は細かい格子模様が付いています。
ケンメリキットレンズ
キットのレンズです。
格子模様ではありますが、目が粗すぎて後ろがよく見えます。
何とかもう少し、細かい目に出来ないかと思っていたときに、nanapapaさんのブログでUVレジンを用いて、透明プラ板にレンズカットの模様を付ける方法が紹介されていましたので、それをちょっと応用してやってみました。
nanapapaさんのページはこちら
ヨーグルトのふたの裏の銀紙もnanapapaさんが紹介されておりました。
今回、この銀紙の格子模様をレンズに付けてみます。
nanapapaさんのオリジナルはやすりをおゆまるに押しつけておゆまるにやすりの模様を型取り、そこにUVレジンを塗って、その上に透明プラ板を置いて、模様を付けるというやり方でしたが、今回は直接銀紙にUVレジンを塗ってみます。
まずはうまくいくか実験です。
ケンメリレンズカット実験
銀紙の格子模様の上にUVレジンを塗りました。
ケンメリレンズカット実験2
その上に透明プラ板を置いて、UV照射で固めました。
さてさて・・・

ケンメリレンズカット実験3
おおっ!!!
見事に銀紙の模様が透明プラ板に付いたではありませんか!!

では実際にキットのレンズのクリアパーツに模様を付けてみます。
本当はレンズに付いてる模様を落としてからやるのが良いのでしょうが、結構粗いのでそのままやっても大丈夫でしょう!!(たぶん)
ケンメリキットレンズ加工1
プラ板に銀紙を貼って、その上にUVレジンをうすく塗って、レンズを貼り付けました。
そしてUV照射です!!

ケンメリキットレンズ加工2
おおおっ!!!
これは素晴らしい!!!
見事に格子模様がレンズに付きました!!
この方法はいろいろ応用出来そうです。

ケンメリGT-R 下ごしらえ8

まだまだ下ごしらえは続きます。
いやあ、このケンメリ、部品少ないのに、いつまでたってもサフが吹けません。
けっこう、手強いです(汗)
ケンメリドアノブ
ドアノブは2mmのプラ角棒を切り出して作りました。
キットの立体感のない、モールドよりはましでしょうか??
キーホールは虫ピンか、釘の頭を削って作製する予定です。

続いてフロントの細かい部分に移ります。
ケンメリ実車フロント
実車です。バンパーにリベットがいくつか付いています。
ケンメリバンパーフィッティング前
フロント、およびリアのバンパーはメッキを落としました。というのも、バンパーのサイドにゲートがあって処理しないといけなかったのと、バンパーに結構ひどいヒケがあって。。。
バンパーのリベットの部分に穴を開けました。
バンパーのウインカーのクリアーパーツにも、ねじ穴を開けました。
ここにも00号の虫ピンを刺す予定です。
フロントフェンダーとアンダーパネルとの合わせ目をスジホリしました。
この部分に六角ボルトヘッドを付けるのが、実車らしく見せるのには大事なのではないかと・・・
ケンメリリアバンパーフィッティング
リアバンパーにもリベットの穴を開けました。

もう少しで・・・サフを吹けそうです。。。

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR