ケンメリGT-R シャーシ作製1

ボディーのクリアー塗装が乾燥するまででの間にシャーシ類を一気に完成させたいですね!!
まずはエンジンの作製から。
このケンメリ、エンジンが開かないのに(開けたけど・・・)、エンジンが付いています。
しかも付いているだけで、見せたいのならエンジンルームは自分で作れって。
しかもこのエンジン、ボンネットの直下までの高さがあるため、パイピングをしたり、ボンネット裏を加工したりしたら、ボンネットが閉じなくなる可能性があります。
というわけで、シャーシ裏からチラッとだけ見えるエンジンなので、サクサクっといきましょう♪
ケンメリエンジン組み立て
赤のパーツの空洞もそのままです。
NISSANとか2000とか、ナットとか、塗り分ける必要なかったですね。
まあ、きれいに塗り分ける練習、練習!!

シャーシはとくに指定はなかったのですが、タイヤハウスは黒で、それ以外は汚れた感じのボディー色で塗装してみました。
ケンメリシャーシ塗装
実はボディー側に付けていたタイヤハウスの目隠しですが、あまりに隙間が大きくて、目隠しになっていませんでした(汗)。
なので、シャーシ側に付けました。
これ、ほぼピッタリに作ることが出来たのですが、ボディーをはめるときに少し苦労します・・・
なので、普通は若干小さめに作っているんですね。はい。理由がよく分かりました。
やはりボディー側に付ける方が絶対よいです。

RSワタナベのホイールも塗装しました。
今回はマグ色で塗装することにしました。
黒にシルバーを少し混ぜて、クリアーオレンジ、クリアーブラウンを適当に混ぜて調色した色を吹きました。
ケンメリホイール塗装
こんな感じかなあ・・・?
あとはセンターキャップとナットを塗装すれば完成です!!

スポンサーサイト

ケンメリGT-R クリアー塗装2

さて、中研ぎ後にクリアーを再度吹いたケンメリですが、垂れた部分、まだゆず肌がひどかった部分を再度研ぎ出して、最後のクリアーを吹きました!!
ケンメリ最終2
改めて垂れた部分や、まだ少しざらついている部分はあるのですが、研ぎ出して磨けばなんとか鏡面に出来るレベルかと・・・(汗)
窓枠はアルミテープを貼る予定ですので、ボディーへのはみ出しに気をつけてかなり適当に塗っています(塗る必要ないやん・・・)。
ケンメリクリアー最終1
ムラがあったりしている部分もあるのですが、修正するとよけいにひどくなりそうなので・・・
「諦めることも大切です・・・諦めることも大切です・・・」
かの北澤志朗氏の言葉に従います。。。

ケンメリGT-R 内装作製7

クリアー乾燥待ちの間、滞っている内装を進めていきます。
まずドアの内張ですが、切り出していたウインドウハンドルとグリップの部分を接着しました。
グリップはつかめない状態でしたので、ドアが閉められるようにつかめるようにしました。
ケンメリドア内張完成
ドアロックのレバーですが、実車は黒に一部メッキがある感じなのですが、ちょっと再現するのは難しそうだったので、雰囲気重視でミラーフィニッシュを貼り付けました。

ケンメリハンドル完成
ハンドルのセンターの赤い部分は最初塗装したのですが、はみ出して汚くなったので、やり直しました。
実は自作デカールなるものを作ってみて、赤丸にSの字がついたやつを作ってみたのですが、1.5mmと小さすぎて、文字がつぶれて見えなくて・・・しかも赤があまりきれいな赤ではなかったので・・・
ならば赤丸だけでいいや、ってことになっちゃいました。。。
というわけで、レッドフィニッシュを1.5mmの円で切り出して貼り付け、その上からUVレジンを塗ってUV照射!!です。
ハンドル脇のレバー類は志賀針にしてみました。

ラジオは・・・


ケンメリラジオ作製1
とりあえず、作ってみますか・・・
穴を開けました。

ケンメリラジオ作製2
プラ角棒をそれらしく切り出して選局ボタンに、志賀針を両脇のスイッチにしてみました。
何となくですが、ラジオって雰囲気わかりますよね???

ダッシュボードもメーターパネルを合わせました。
ケンメリインパネ
まあ実車を忠実に再現するのは不可能ですので、雰囲気が伝われば十分かと(汗)

もう少しで内装完成です!!

ケンメリGT-R クリアー塗装

さあ、いよいよボディーのクリアー塗装です。でも、まだシャーシが全然出来ていないんですけどね・・・
まあ、シャーシはクリアー塗装を乾燥させている間に作ることにします。
今回も使い慣れているクレオス GXスーパークリアーIIIです。
まずはクリアーを3回ほど重ね塗りしました。
もともとボディー色の仕上げのクリアーレッドを塗った段階でかなりのゆず肌になっていたので、この段階ではゆず肌のまんまです。
ケンメリクリアー後
いやあ、ゆず肌というよりはざらざらですね(汗)
というわけで、この後、1日乾燥させて中研ぎしました。
ケンメリ中研ぎ
絶対に角を出さないように、厳重にマスキングしますた。
でも、ちょっと太すぎましたね。
もう少し細くしないと、ゆず肌が解消されない部分が出てしまいます。
とくに凸凹している部分は怖くて攻めが甘くなりますね・・・
ケンメリ中研ぎ後
うーん、ボンネットとサイドウインドウの縁の部分が甘くなっていますね。。。
まあ、こちらは最終段階できっちり研ぎ出すことにします。
あれだけ厳重にマスキングしましたが、ほんの少しだけ角を出してしまったので、タッチアップしました。
さて、今回、最初のクリアー塗装の際に、クリアーを吹きながらどんどんボディーに埃というか、細かいクリアーの粉というか、そういうものが付着していってちょっと苦労しました。
冬は静電気が発生しやすいからですかね??
というわけで、急遽こいつを買いました。
タミヤ除電ブラシ
じゃん!!「除電ブラシ〜(ドラえもん風に)
もっと早く買っとけよって感じです。
そして、最終クリアーです。
どばぁ〜と垂れる手前まで吹きました(でも垂れましたが)
ケンメリ 中研ぎ後クリアー2
鏡面ではないですが、最初に比べるとずいぶんテロテロになりました!!
ケンメリ中研ぎ後クリアーボンネット
でもボンネットはやはりゆず肌がきついですね・・・
こいつはこの後も、きっちり研ぎ出して磨くことにします。

話は変わるのですが、赤ってきれいに写真に撮るのって難しくないですか?
このブログを書いていて、思ったほどきれいな赤に撮れていないのがちょっと不満です。
カメラはCanonのEos kiss4を使用しているのですが、見た目よりずいぶん色鮮やかさが劣っています。
ケンメリ中研ぎ後クリアー
こちらは同じくCanonですが、コンデジのPowerShot S120で撮影したものです。
これでもまだ不満なのですが、こちらの方が実物に近いかなあ・・・
設定で何とかなるのでしょうか?それともカメラの特性で仕方ないのかなあ・・・?
写真を撮るのも難しいものですね・・・

ケンメリGT-R ボディー修正2

リアやフロントのパーティングラインや黒塗装のはみ出し等があったボディーの修正を行いました。
ケンメリメッキ部サンディング2
前回、こんな感じになっている上にリアの窓枠が一部欠けるという出来事が・・・
部分塗装してなんとかごまかしました。
ケンメリボディー修正リア1
ケンメリリア修正2
黒のはみ出しや、目立ったパーティングラインは無くなったかと・・・

ケンメリフロントメッキ部サンディング
こんな感じのフロントも・・・
ケンメリボディー修正フロント
こんな感じになりました!
窓枠はアルミシールを貼る予定ですが、途中で予定変更して塗装で行く際に備えて黒で塗装しました。
さあ、いよいよクリアー塗装です!!

ケンメリGT-R 内装作製6

週末は自宅に帰省していたので作業が出来ませんでした。
内装をかめのようなスピードで作っています。
切りとばしたウインドウハンドルをちゃんと元の位置に付けられるようにしなくてはなりません。
ケンメリウインドウハンドル平リベット
転倒虫さんから教えていただいた平リベット、早速購入しましたよ!
瞬着で付けました♪

メーターを貼り付けたパネルには透明プラ板を貼り付けました。
ケンメリメーターパネルガラス装着
UVレジンをたっぷり塗りました。(ちょっと塗りすぎとちゃうか・・・)
この上から透明プラ板を密着させました。
そしてUV照射!!
ケンメリメーターパネルガラス装着2
こんな感じになりました。
これをダッシュボードのパネルの裏から貼り付ける予定です。

さてさて、凸凹モールドのどうしようもないダッシュボードですが、メーター周りのパネルを切り出して貼り付ける予定でしたが、メーターの位置にきれいにプラ板に穴を開けるのが至難の業で・・・
こんなことすら出来ないようでは先が思いやられますが、時間に限りがあります。
今回はあきらめますた。
ケンメリダッシュボードサフ
というわけで、できるだけ表面が平滑になるようにサンディングしてサフを吹きました。
最初に比べるとずいぶんましになったでしょうか?

ケンメリダッシュボード黒塗装
セミグロスブラックで塗装しました。
今回はメーター周りとシフトノブ周りのシルバーのパネルは塗装で表現することにします。
ラジオは・・・どうしよう・・・

ケンメリGT-R 内装作製5

ボディーは窓枠修復やらでなかなかクリアーを吹けないでいます。
なので、内装を少しずつ進めていきます。
でも今の自分の技量を考えると、あまり難しいことは考えずにとっとと作っちゃったほうがいいのかもしれませんね〜
まあ、あまり見えないところなので、ほどほどに自己満できる程度に仕上げます。

メーター類ですが、インパネのメーターの底が凸凹だったので、穴をあけています。
なので、その裏からあてがうプラ板を黒く塗装し、そこにデカールを貼りました。

デカール貼りっていつもドキドキしますね。。。
以前、ずれたので無理矢理元の位置にずらそうとしたらちぎれたりしたので・・・
ケンメリメーターシール貼り
これだけの作業で1時間近くもかかっちゃいました(汗)。

メーター仮合わせ
仮合わせしてみます。大きなずれはなさそうですね。
この後、透明プラ板を間に挟んでパネル裏に貼り付ける予定です。
表のパネルはこれまた凸凹なので、スイッチ類をとっぱらい、プラ板で新しいパネルを作って貼り付ける予定です。

ケンメリGT-R 内装作製4

仕事が終わって、帰ってから日々、ちょっとずつ作業を進めています。
というか、ちょっとずつしか進みません。
ふと乾燥機の中のケンメリのボディーを見ると、リアの窓枠の一部が塗装が剥げ落ちていました。
ケンメリリア窓枠割れる
この部分はトランク切り出しの際にちょっと窓枠に切り込んでしまって、窓枠の太さが細くなってしまったため、パテで修復した部分でした。こういうのをパテだけで補修すると、こんなことになるんですね(゚д゚)!
またまた後退です。
ケンメリリア窓枠修正
再びパテを盛って修復しても同じことが起こる可能性があると思い、0.4mmの厚みで欠けていたため0.4mmのプラ板を切り出して貼り付けました。このあと、パテを塗って、形を整えようと思います。

さて、内装ですが、ドアの内張のメッキモールの部分を作りました。
細すぎてきれいに塗装するのは無理、ミーラーフィニッシュもこんな細切りにするのは無理、ということで志賀針の一番細いやつ(00号)をモールとして貼り付けました。
ケンメリドア内張モール
接着はハイグレード模型用セメダインです。
はみ出しても乾いてからピリピリはがれるのが良いですね。でもその分、接着力は弱いですが・・・
マスキングは、はがれるといっても接着剤のはみだしを最低限にするためのものです。
ケンメリドア内張モール2
こんな感じ。
この作業だけで1時間くらいかかっています。
まだまだ先が見えません・・・

ケンメリGT-R 内装作製3

なかなか進まないケンメリの内装ですが、延長したフロアの塗装にようやくこぎつけました。
ケンメリ内装黒塗装後
あとはハンドル類を再装着し、内張のメッキモールをどうするか・・・ですね。今回は志賀針あたりを切って貼り付けてみようかと思っています。

ケンメリハンドル塗装後
ハンドルはこんな感じに塗装しました。
センターの丸い部分は赤丸のSマークの自作デカールを貼り付けようかと思っています。

ケンメリセンターコンソールパネルはめ

センターコンソールはひどすぎ・・・
ラジオを作るかどうか、考え中です。
シフトレバーが付いているパネル部分も凸凹がひどすぎ(怒)
ここはプラ板でパネルを切り出して貼り付けましょう。
インパネはどうするか・・・
とりあえず、スイッチ類は削り取りました。
ここは別パーツで再現することにします。
パネルはもう一枚プラ板から切り出して貼り付けるか、そのまま塗装するか・・・
いろいろ考え中です。

ケンメリGT-R ボディー修正

やはりここがきれいに出来るかどうかがこのケンメリの出来を大きく左右するフロントとリアのメッキ部分。
気になったらどうしようもない性格は模型には向いていないかもしれないなあ・・・
ケンメリメッキ部サンディング2
気になってしまった、リアのメッキ部分辺縁のパーティングラインを消しました。
ケンメリフロントメッキ部サンディング
フロントも同様のパーティングラインがありましたので、サンディングしました。
なんだか無限ループへと突入しそうです・・・

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR