ハセガワ 初代セリカ1600GT サフ吹き

エアブラシの分解掃除も終わり、とりあえずサフ1回目を吹きました。
スジホリを深くしたり、ウインカー部分の穴を埋めたり、いろいろ処理していましたが、結局サフを吹いてみない状態でいくら修正しても直っているのかどうか全くわかりませんね。
セリカサフ後修正1
パーティングライン、穴埋め部分の修正が不十分であったためコツコツ修正、、、
セリカサフ後修正2
こちら側もひどかったです。いろいろ修正、、、

で、再度サフ吹きしましたが
セリカサフ後修正5
○で囲った部分、ボロボロです。
セリカサフ後修正6
こちら側もひどい。
左Aピラーのパーティングライン、全然処理出来てないし、、、

しばらくボディーの修正が続きそうです。
スポンサーサイト

ハセガワ 初代セリカ1600GT 内装作製1

ドアが開くので、内装もいつもより丁寧に作らないといけませんね。
といっても自分の技術では出来ることはたかがしれてますが・・・
セリカ実車センターコンソール
実車のセンターコンソールにはシートベルトのバックル部分を収納する部分があります。
セリカ時計修正2
キットでは同部位はモールドのまま。これではバックルを作ったとしても収納できませんね。
セリカセンターコンソール穴開け
というわけで穴を開けました。
ペーパーをかけてもう少しきれいにしてあげないといけませんね。

セリカペダル修正前
ABCペダルです。
ドアが開かなければあまり気にならないのでしょうけど、見えるのであればさすがにこれではアームの部分が太すぎますよね。
セリカペダル修正後
というわけで、もう少し細くしてみました。
もうちょっと細くした方がよいかな??

ちまちま進めております。

ハセガワ 初代セリカ1600GT サフを吹こうと思いましたが・・・

まだドア内張の加工とかが残っているセリカですが、ボディースジ彫り失敗やパーティングラインの修正後の修正をするためにとりあえず一度サフを吹いてみることにしました。
セリカサフ前
実はエアブラシを使うのは数ヶ月ぶりなんですよね(汗)
サフをカップに入れていざ吹こうとしても、エアしか出ない・・・
たいていニードル周囲に塗料がこびりついているのが原因なんですよね。
ニードルを抜いて拭いてやればすぐ直るよ♪
って、うっかりしていました。
カップにサフが入ったままニードルを抜いたものだから、内部にサフが漏れてしまって・・・
エアブラシ分解掃除
というわけで、エアブラシの分解掃除です。
前途多難です。。。

ハセガワ 初代セリカ1600GT ドア内側製作4

みなさん、こんばんは!
ワンコの世話で忙しかったのと雨続きで塗装を控えているのとでなかなか模型作りは進んでおりません。
それにしても藤井フィーバー、すごいですね!
120secは昔から将棋が好きで、史上最年少中学生棋士となった藤井聡太新四段にはもちろん注目しておりましたが、まさかここまで連勝を積み重ねるとは・・・!
強いA級棋士とまだ戦っていないから偶然だ、なんて言う方もいるようですが、この29連勝の中には千田翔太六段(今期棋王戦挑戦者、勝率0.711)、近藤誠也五段(昨年四段で王将リーグ入り、勝率0.756)、澤田真吾六段(昨年度王位戦挑戦者決定リーグ紅組優勝、勝率0.654)などの実力的にはA級棋士と遜色ない活躍をしている若手が含まれているので、実力が無いと出来ないことであるのは間違いないですね。
個人的にはこのまま竜王戦で勝ち進み、タイトルをルーキーイヤーに獲るところをぜひ見てみたいものです。
ちなみに120secの将棋の実力はインターネット将棋で5級、勝率5割です(爆)

さて、停滞しているセリカですが、やはりドア内側の製作で試行錯誤しています。
セリカドア内側
ドア内側の前側部分はこんな感じ。ちょっと実車とは違いますが(汗)
セリカドア内側2
ドアの受けの部分にマグネットを埋め込み、ドア側にマグネットセッターを埋め込みました。
セリカドア内側3
これにドア内張りをうまくはまるように位置合わせをして、外枠を作らないといけません。
もう一息、頑張らねば、、、

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR