FC2ブログ

ハセガワ 初代セリカ1600GT ダッシュボード取り付け

内装ですが、ダッシュボードは取り付け位置を通常より上にしたので、ボディーと合わせて確認しながら接着しなくてはなりません。窓枠ギリギリになるとフロントガラスが取り付けられなくなるし、下過ぎるとせっかく作った時計に干渉してしまいます。どうでしょう?こんな感じかなあ・・・別の角度から。この角度だとABCペダルもすごくよく見えますね!!こうして写真に撮ると、クーラーがいけてないのがよくわかります(涙)まあ、...

ハセガワ 初代セリカ1600GT 内装作製6 〜フロントシート〜

さて、いよいよ重い腰をあげて、フロントシートを作ります。キットのシートです。後ろからみたらご覧の通りのっぺらぼー!!(ネット画像より説明用に掲載)実車シートには合わせ目のラインが入っていて、ポケットがついています。この写真のものは経年劣化でのびきってますが。とりあえず、適当にやってみます。0.2mmプラ板を細切りにしました。これをシートの合わせ目のラインに貼り付けました。この後、ペーパーをかけて薄く...

ハセガワ 初代セリカ1600GT クリアー塗装1

ターコイズブルーに塗ったセリカですが、クリアー塗装を行いました。前回、ケンメリで2.5倍に薄めたスーパークリアーIIIを使ったのですが、ゆず肌がきつくなり、四国オー集の時に諸先輩方にクリアー塗装のコツをお伺いしたところ、もっと薄めて塗るのがゆず肌になりにくく、なった時はその上からシンナーをかけてびたびたにするとよい、とか色々教えていただきました。とりあえず、今回は4倍ほどに薄めたスーパークリアーIIIを使用...

ハセガワ 初代セリカ1600GT バンパー塗装

前回のケンメリからメッキ塗装はTAKUMIを使用することにしました。今回のセリカもTAKUMIでメッキ塗装を行います。バンパーですが、キットのメッキ表面が凸凹していたのでメッキを剥がしてペーパーで均してクリアーを吹きました。その後、コンパウンドで磨いてメッキ塗装の下地を作りました。前回のケンメリでの反省から下地が大事だとわかりましたので今回はわりとしっかりと鏡面にしたつもりです。そしてTAKUMIを吹きました。オリ...

ハセガワ 初代セリカ1600GT テールランプ、バックライト塗装、そしてアクシデント・・・

リアの作製を行っていたのですが・・・バックライトはいろいろ試してみたのですが、結局こんな感じに・・・バックライト部分をマスキングして、セミグロスブラックで塗装しました。ちょっとバックライト部分の溝にブラックがかかってしまいましたが、爪楊枝の先を斜め切りにしたもので溝をコリコリしたらあっさり取れました。そしてジャンクボディーに試しにはめてみました。テールランプは縁をシルバーに塗りました。この続きでバ...