ケンメリGT-R 内装作製4

仕事が終わって、帰ってから日々、ちょっとずつ作業を進めています。
というか、ちょっとずつしか進みません。
ふと乾燥機の中のケンメリのボディーを見ると、リアの窓枠の一部が塗装が剥げ落ちていました。
ケンメリリア窓枠割れる
この部分はトランク切り出しの際にちょっと窓枠に切り込んでしまって、窓枠の太さが細くなってしまったため、パテで修復した部分でした。こういうのをパテだけで補修すると、こんなことになるんですね(゚д゚)!
またまた後退です。
ケンメリリア窓枠修正
再びパテを盛って修復しても同じことが起こる可能性があると思い、0.4mmの厚みで欠けていたため0.4mmのプラ板を切り出して貼り付けました。このあと、パテを塗って、形を整えようと思います。

さて、内装ですが、ドアの内張のメッキモールの部分を作りました。
細すぎてきれいに塗装するのは無理、ミーラーフィニッシュもこんな細切りにするのは無理、ということで志賀針の一番細いやつ(00号)をモールとして貼り付けました。
ケンメリドア内張モール
接着はハイグレード模型用セメダインです。
はみ出しても乾いてからピリピリはがれるのが良いですね。でもその分、接着力は弱いですが・・・
マスキングは、はがれるといっても接着剤のはみだしを最低限にするためのものです。
ケンメリドア内張モール2
こんな感じ。
この作業だけで1時間くらいかかっています。
まだまだ先が見えません・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR