ハコスカ フロントグリル塗装

傷心の120secです。
R33のボディー製作の失敗のダメージを引きずりつつも、ハコスカの製作を進めております。
しかし、R33の失敗で学んだことは、やはりエクステリアの失敗はダメージがでかい!!!ということです。
当初、ハコスカのフロントグリルを切り抜いてやろうと息巻いておりましたが、身の丈を知らないというか、まだ技術がともなっていないというか、全く自信がなくなってしまいました・・・
ということで、グリルの切り抜きは次回挑戦として、黒の塗り分けを行うことにします。
実は、メッキを剥がす前にエナメルのセミグロスブラックを筆塗りし、メッキ部分をつまようじでカリカリしてブラックを落として塗り分けてみましたが、どうもきれいにいきませんでした。
今回はメッキでなく、メッキシルバーNEXTで塗装している部分に黒を塗るわけですが、一応、調べてみるとメッキシルバーNEXTの上にエナメルを塗装して、エナメルシンナーで剥がすことが出来るみたいですが、試しにやってみるとごしごしこするとやはりメッキシルバーは剥がれてしまいました・・・
というわけで、鬼門であるマスキングを行い、塗装することにしました。
はたしてうまくいくのか・・・

ハセガワのツールを利用して6.5mmの丸を切り抜き、ヘッドライトにはりました。そして0.7mmと1.5mmのマスキングテープを用いて必死のマスキングです!!
ハコスカフロントグリルマスキング
そして、万が一の失敗のときのために、塗装はエナメルで行いました。
セミグロスブラックとフラットブラックをハーフ&ハーフにしてエアブラシで吹きました。
その結果は・・・
ハコスカフロントグリル成功
おおっ!!
決まりました!!
いやあ、マスキングが決まった時ってサイコーですね!!
ちょっと元気が出てきました(笑)


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR