FC2ブログ

ハセガワ 初代セリカ1600GT ホイール加工

セリカホイールハウス目隠し後仮組み2
以前仮組みしたときに、ちょっとすっ込んでいたリアホイールを加工します。
最初は浅めにはめたらいいや、と思っていたのですが、案外はめしろが少なく、ツライチにしたらぐらぐらになってしまうので、直すことにしました。
セリカホイール加工
まあ、適当なんですが。
プラパイプを1mmの厚さに切ってホイールのポリキャップをはめ込むところに接着しました。
そしてその内側には0.5mmのプラ板をポンチで切り出した円を2枚はめ込みました。これでこれまでより外側にホイールが出ることでしょう。
セリカホイール加工後はめてみた
こんな感じになりました。
せっかくなので、リアのテールランプ類をはめ込んでみました。
実車はテールランプとバックランプが一体となっているのですが、もうそこはキットなりに作ることにしました。
まあまあ、いい雰囲気ですね!
まだマフラーが付いていませんが。

そういえばマフラーといえばもともとのマフラーはこんな感じになっていました。
セリカマフラー加工前
メッキなのですが、ちょっとザラザラとしたメッキで、しかも穴がほとんど開いていない・・・

というわけで、メッキを落として加工することにしました。
セリカマフラー薄々攻撃
リューターで少しずつ削って穴を大きくしてみました。
このあと、メッキ塗装を行います!


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。
ホイール良い感じになりましたね。
最初のは、どう見ても「ド・ノーマル」ですね。
ホイールハウス内にギリギリ収まっているのが良いです。(^^)

マフラーは、仕方がないとは言え、ちょっと引いてしまいますね。
同じ径なら金属パイプに交換という方法も有りかと。

Re: No title

日の丸航空隊さん、こんばんは!
ホイール、ツライチになってかっこよくなりましたよね!!
社外ホイールでローダウンさせているキットなのだから、最初からこのあたりも調整してくれていたらいいのに、と思います。
マフラーは、実はこのパーツ、案外細くって、金属パイプに変えようかと思ったのですが、このサイズの金属パイプもそのままだとかなり厚みが出てしまうんです。
ケンメリの時に金属パイプを少し薄くしてみたのですが、案外大変で(なかなか削れなくて・・・)、プラを薄くする方が簡単かな、と思って今回はキットのパーツを使用することにしました。
メッキ塗装したら案外よい雰囲気になるのでは、と思っています。