FC2ブログ

ハセガワ 初代セリカ1600GT ホイール完成!!

ナットとセンターキャップの塗装を残していたセリカのホイールです。
セリカホイールセンターキャップ塗装
センターキャップは実車写真のように黒で塗装することにしました。
2.5mm大のサークルを抜いたマスキングテープを2分割して、センターキャップ周囲をマスキング、さらに その周囲をマスキングして塗装しました。
セリカホイールセンターキャップ塗装完成
こんな感じで仕上がりました♪
さて、ナットをどうするか考えていましたが、nanapapaさんのマイクロポンチ法でいくことにしました。
セリカホイールナットマイクロポンチ法
アルミテープを0.9mmのシャープペンで抜きます。
このマイクロポンチ法、簡単に見えて、案外奥が深いです。
まず、シャープペンによって出来るミニサークルの形状が変わります。
そして、バリが出たりして、なかなか思うような綺麗なサークルが抜けない・・・
何個も何個も打ち抜いて、その中で出来の良いミニサークルをナットに貼っていきました。
セリカホイールマイクロポンチ法2
塗装よりはシャープですが、拡大するとミニサークルに微妙な形の違い、立体なので貼ったときの微妙な角度の違いで均一な状態に見えなかったりで。。。
でも肉眼で見たらあんまり見えないし、ま、いいか!!
セリカホイールマイクロポンチ法3
というわけで、セリカ1600GTのホイールが完成しました!!
早くはめてみたい〜!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

きれい!

こんにちは~♪
がんばってますね。(^-^
ホイールの仕上がり具合を見ると問題ないように見えます。
いや十分きれいですよ。

ご使用のアルミテープですが,端のめくれ具合を見ると薄手のものに見えます。
nanapapaはおもにニトムズの50μ厚のものを使用。おすすめです。
アルミの厚さ,材質,シャーペン先端の仕上がり具合でヌキの感じが違ってきます。
あまりにシャープだと台紙までヌケて困るのですが。^^
あとお聞きするまでもないと思いますが,シャーペンは回転させて抜いていますよね。
お互い記事では明確に表現していないもので。^^;
ご参考までに,拙ブログ当該記事のアルミテープの抜き痕をご確認ください。
とても安定してヌケていることが見てとれると思います。
つまり,条件が整えば,抜いて貼る,抜いて貼るが快調に行えると。
では,引き続きがんばってくださいね~。(^o^)/

Re: きれい!

nanapapaさん、コメント有難うございます!
薄手に見えますが、使用しているのはnanapapaさんのご推奨のニトムズの50μmのアルミテープです。
実はこの写真のシャープペンシル以外にステッドラーのものもあるのですが、先端をシャープにしすぎたのか、仰る通り台紙まで簡単に抜けてしまって、しかも出来上がったものは平べったくなってしまうんです。
写真のシャープペンシルを用いると、縁の部分がちょっと圧座されてナットっぽい表現が出来るのは良いのですが、シャープでない分、バリっぽく残る部分もあって。。。
抜き方ですが、使用しているものの先端はシャープでないのか、回転させても抜けず、グッと押しつけたあと、グリグリとまわすようにして抜いています。そこが違うので、出来上がりが違うのかもしれません。
一度、先端がシャープなステッドラーのシャーペンでnanapapaさんが仰る抜き方で試してみたいと思います!