FC2ブログ

ハセガワ 初代セリカ1600GT ボディー鏡面仕上げ終了!!

クリア乾燥待ちの間、ボディーのちょっとした修正をしておりました。
セリカサイド無いスジ
サイドシルの部分ですが、ドアの続きで実車にはないスジが入っています。
後から気付きました。作戦会議の段階で気付いてなければいけませんね!!
セリカサイド補修
というわけで修正です。
セリカサイド補修2
サフを吹きました。ガタガタです(涙)。
他にもちょっとした修正をしつつ、鏡面仕上げを行いました。
セリカ鏡面仕上げ
中研ぎ後の軽いゆず肌なので、ラプロスの6000〜8000番で研磨後、タミヤの仕上げコンパウンド、ハセガワのセラミックコンパウンドで磨きました。
セリカ鏡面仕上げ後5
くるまのプラモ製作記のながせさん、という方がされていた鏡面仕上げ確認です。
ストライプが綺麗にうつればOKです。
セリカ鏡面仕上げ後2
遠目で見たら、OKでしょうか??
セリカ右ドアストライプ失敗
実はドアのストライプはクリアー塗装後にブツブツが出来て、ペーパーで均した後にクリアーをかけたらまた同じ部位が浮いて来て、ということを繰り返し、浮いて来た部分は結局、たかととさんが言われていたやり方(気泡を潰して綿棒でなじませる)をやったところ、今度は凹んで、さらにクリアーを吹き重ねて結局こんな仕上がりに。
クリアー層はなめらかになったのですが、クリアーの中でデカールが凸凹しています。
まるでガラスの中の水中花みたいな感じですね・・・
これは1からやり直しをしないと、修正不可能なのであきらめました。次回からは水疱を作らないようにクリアーを吹くようにします(出来るのか??)。
セリカ鏡面仕上げ後4

Aピラー付け根とドアの間の隙間が大きいのはクリアーかけてドアが閉まらなくなったらいけないと思って、そのままにしておいたのですが、やはりここは修正するべきでしたね。
今となってはどうしようもないので、これもいい勉強をした、と思ってあきらめます。
写真で見ると、ずいぶん水色っぽいのですが、実際はもう少し濃くて緑がかっているのですが、赤と同じで色をそのまま表現するのは難しいですね。。。
さあ、次は窓枠だ!!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

120sec様
おはようございます。
この段階での筋彫り修正大変でしたが見事リカバリー成功ですね♪
研ぎ出しも仕上がりましたね!
デカールの気泡。。。残念です。
密着時に空気が入ってしまったのか押し出したものが移動してしまったのか?最近デカール貼りが苦手な私も身につまされます。
窓枠塗装を終わらせればいよいよ完成ですね!

No title

おおっ!
ピッカピカですね。
研ぎ出しの成果を見るには、「縞々」が良いのですね。
今度試してみようと思います。
デカールの気泡は、デカール事態の品質も関係してくるようなので、一概にクリアー吹きの問題とは言えませんね。
この後の「外装パーツ取り付け」で更に精悍に仕上がっていくのですね。

Re: No title

たかととさん、こんばんは!
リサーチ不足で今更になっての修正となってしまいました。
他にも、見れば見るほどアラだらけに見えてしまうのですが、肉眼で見れば許容範囲のところは今回はスルーします。
デカールの気泡はよい経験になりました。
ベテランモデラーの方々でもいつまでも悩む難工程ですから、これは経験を積んでいくしかないですね。
いよいよ、最終工程に入っていきます!
引き続き頑張ります!!

Re: No title

日の丸航空隊さん、こんばんは!!
縞々がひずみなくボディーに映ればきれいな鏡面になっているようですね。
もう少し、細い縞々の方がよかったかもしれません。
デカールの品質ですが、ハセガワのまだそんなに古くなっていない製品なので、そんなに悪くはないと思います。
クリアーの吹き方以外に、貼り方とかも影響しているのだと思います。
いよいよ、外装の仕上げに入ります!!