FC2ブログ

ハセガワ 初代セリカ1600GT 小物仕上げ2

小物仕上げと言っても、フェンダーミラーを仕上げようとして失敗したんですが・・・
急がば回れですね。
セリカフェンダーミラー1
フェンダーミラーのミラー面をどうするか、いろいろ悩んだんですが。
ミラーの直径が4.2mmほどで、ラピテープを直径4mmの円に切り出して貼ってみたらもちろん少し足らないし、ミラー表面が平滑にならなくて・・・
鏡面フィニッシュ
密林でこんなものをポチッたので試しに使ってみたのですが、歪みの少ないミラー感とうたっているだけのことはあって、硬いです!!
硬くて、デザインナイフではきれいに切り出せませんでした!!
で、結局ミラー面を鏡面に仕上げてメッキ塗装することにしたのですが・・・
セリカフェンダーミラー2
コンパウンドを洗剤で洗い流さなかったのがいけなかったのか、フェンダーミラー本体にミラー部分を接着する際にメッキがどんどん取れてきて(涙)
しかも、よく見るとミラー部分のゲートの処理が甘いし・・・
ミラー部分と本体の間に隙間もあるし・・・
というわけで作り直し決定です。

ドアとトランクにあるキーホールをどうするかいろいろ悩みました。
エッチングパーツが手に入ればよいのでしょうが、いろいろ探しましたが手に入れることが出来ず・・・
セリカ実車キーホール
実車画像です。
ケンメリと同じく、周囲が盛り上がってキーホール部分が凹んでいる形状です。
このキーホール部分はハイキューパーツの0.7mmマイナスモールドというものでやってみることにしました。
MMM07R3.jpg
こんなやつです。
もんだいは周囲の盛り上がっている部分をどうするか・・・
今回、ちょっと面白いアイデアが浮かんだので試しにやってみました。
アルミテープを使ってドーナツ状のサークルを切り出して、このマイナスモールドの上に貼り付ける、というものです。
アルミテープをドーナツ状に切り出す方法ですが、マイクロポンチ法を応用しました。
まず0.3mmのシャーペンでアルミテープをくり抜いたあと、くり抜いた穴を中心に1.3mmシャーペンでくり抜くと0.3mmの穴が開いた1.3mmのサークルがくり抜けます。ちなみに最初に0.5mmでくり抜くと、ドーナツの強度が弱いのかへにょへにょのドーナツに・・・
セリカドアキーホール
で試しにジャンクボディーのドアに貼ってみたらこんな感じに。
小さすぎてうまく写真に撮れませんが、少なくとも肉眼でみる限りはイイ感じに!!

セリカドア内張り
ドア内張りはメッキ部分をアルミテープを切り出して貼り付けました。
アルミテープはなかなか硬く、切り出すときにちぢれてしまうので、あまり満足のいく仕上がりになりませんでした(涙)。
セリカシートベルト合体
シートベルトは天井からのアンカーと下からのベルトを合体させました。
このあと、それらしい感じでシートに接着させる予定です。

まだまだ細々としたパーツの仕上げは続きます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

120sec様
こんばんは。
ミラーフィニッシュは各種あって素晴らしいですね!(扱いは難しそう・・・)
鍵穴の再現も最高です!
僕は虫ピンの先を平たく削って刺して終了と結構逃げてしまってます(大汗)

Re: No title

たかととさん、こんばんは!
フィニッシュ系はお手軽で塗装よりもシャープに表現できることもあり、現在色々試し中です。
でも切り出すのがむずかしかったり、油断すると剥がすときに塗膜をもっていかれたりと失敗することも多いです(汗)
鍵穴は虫ピンとかリベットとかでも十分だと思いますが、今回はたまたま思いつきでやってみたら案外いけてるのでちょっと嬉しくて載せてみました。
そこまでこだわりがあるわけではございません(汗)