FC2ブログ

ハセガワ ランボルギーニミウラ 下ごしらえ1

さて、単身赴任先に戻って来ましたので、ミウラの続きをさっそく始めましょう!!
前回、仮組みしたときに車高はイイ感じかな、と思ったのですが、よくよく実車との比較写真を見てみると、少しだけフロントが高いかな、という気がしたので0.5mmだけ車高を落とすことにしました。
ミウラ車高調整
やり方は模型転倒虫さんがされていた方法と同じで、フロントホイールの下側の固定部分に0.5mmプラ板をポンチで3mmにくり抜いて穴を開けたものを接着しました。
ミウラ車高調整後
で、こんな感じになりました。
ミウラ車高調整前
調整前と比べて少しだけフロントが落ちたのがわかりますでしょうか?

さて、ボディー他、いろいろ下ごしらえをしていこうと思います。
本来ならパーティングラインとかヒケとかの処理をしていくのでしょうが、とりあえずこんなことをしてみました。
ミウラルーフスリット開口
ルーフにエアルーバーのスリットがあるのですが、ちょっと悩んだのですが、開口出来るかな??と思ってやってみました。
正直、やってから後悔しました(汗)。
とにかく、スリット間が細すぎて・・・
もう少しスリット間が太ければ裏からうすうす攻撃をして攻めるのですが、あまりにスリット間が細いので薄くなったら簡単に折れるんじゃないか、と思ったので、表から0.2mmラインチゼルでけがいていきました。
その際に薄くなって最後の一押しで折れてしまうといけないので、裏にプラ板を下敷き代わりに貼って作業を行いました。
穴が開いたあと、エッチングソーで前後に穴を延長してペーパーをかけて出来るだけ整えたのですが・・・
ミウラルーフスリット開口後
もうこれが精一杯!!
傷口が広がらないうちに撤退します(>_<)

気を取り直して別なことをしてみます。
ミウラ仮組みリア
リアのハニカムメッシュを開口してみます。
やり方は図解!なんでも制作日記のkenjiさんがされていた方法でやってみます。
まあまあ厚みのあるメッシュなので、裏からうすうす攻撃をしてみます。
ミウラリアハミカム開口
600番のペーパーで薄くしていきます。
ペーパーの上で擦るのですが、ずれないように両面テープを滑り止めにして擦っていきます。
均等に薄くなるように両面テープの位置を変えたり、力を加える位置を変えたりして薄くしていきました。
ミウラハミカム開口2
かれこれ2時間くらい擦ったでしょうか。
こんな感じで裏から表のメッシュが透けてきました。
ここまでくればあとはピンセットの先で押してやればペリッと簡単に取れます。
ミウラハニカム開口3
こんな感じで!
ペリペリ気持ちよく抜けていきます。
やはり厚みがあるパーツは楽ですね。
ミウラハニカム開口成功
こいつはきれいに抜けました!!
まだまだ下ごしらえは始まったばかりです。。。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

フロントの車高は、やはり直されましたね。
前回の写真を見ていて、フロントが高いと感じていました。
修正後の写真は格好いいです。
ルーフのスリットやハニカムグリルの肉抜きも綺麗に出来ましたね。

No title

ルーフのスリット良く抜けましたねぇ(*_*)
私なら少し深くするだけで満足しちゃいそう(笑)

ハニカムグリルはバッチリですね。
少し落としたフロントの車高もいい塩梅です。

Re: No title

日の丸航空隊さん、こんばんは!
フロントの車高はやはり少し高いと感じたので直しました。
有難うございます!
スリット類は慣れるまではしばらく開口にチャレンジしていこうと思うのですが、今回のはちょっと難しかったです(汗)。

Re: No title

ヒロシさん、こんばんは!!
いやあ、このスリットはやはり細くて難しいですよね・・・
折れたりしてぐじゃぐじゃになったらどうしよう、と不安になりながらやっていました(汗)
ハニカムグリルはやり方を見ていたのでうまいこといきました♪ぺりぺりきれいに抜けると気持ちいいですね!
車高もいい塩梅ですか!!
有難うございます!!