FC2ブログ

ハセガワ ランボルギーニミウラ 下ごしらえ2

ボディーの下ごしらえをしていきます。
まずはスジ彫りを深くしていきます。
ミウラ右ドアスジ彫り
ドアのスジ彫りですが、スミ入れしなくてもいいくらいに深くしてみます。



ミウラ右ドアくり抜き
深くしすぎました・・・!!
というのはうそですが、今回もドアを切り抜いてみました。
でも今回はドア開閉が目的ではなくて、サイドウインドウ裏のエッチングのスリット対策として抜いてみたので、開閉が難儀しそうならば接着してしまうかもしれません(と出来なかったときの言い訳を)。
あっ、フロントグリルが装着されているのは、仮組みしたら取れなくなってしまったからです(汗)
後で裏から穴をあけなくてはなりません!
ミウラ左ドア切り抜きその前に
Aピラーから続く下側の窓枠の端が細くて折れそうなのでウインドウパーツをはめて補強しながら対側は作業しました。
フロントウインドウは今回はヒートプレスで作ってみようかと思っていますが、キットのウインドウを使うかもしれないのでマスキングテープで保護しておきました。
ミウラドア切り抜き左側
反対側もなんとか切り抜きましたハアハア
また茨の道を突き進むことになりそうです・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ドアピラーのルーバーを取り付けるには一番手っ取り早い方法かも知れませんね。
同時にドア開閉のギミックも仕込めますね。
Aピラー折らないように気を付けて下さい。(^^)

Re: No title

日の丸航空隊さん、こんばんは!
そうなんです。ドアを開口すると、ドアピラーのルーバーにはすごくアクセスが良くなるんです!
ドア開閉は・・・(汗)
出来ればやりたいのですが、ミウラでは結構難しいみたいなので出来るかどうか・・・
Aピラー何とか折らずに済ませたいです。
でも折れそうです。。。