ハコスカ 内装作成 その2

続いてインパネの作成を行いました。
ラジオなど、スイッチ類のある木目パネルはエナメルブラウンを吹いて、スイッチ類は筆塗りです。
ハンドル横の木目パネルはシールを貼りました。
メーターのガラスをUVジェルクリアを用いて表現してみたのですが、気泡が入ったのか、固めると白っぽくなって、割れたガラスが入っているような状態になってしまいました。。。
ハコスカインパネ
この方法以外にもスマホの液晶保護シートを円形に切り出してかぶせる方法もあるようで、こちらもやってみようと思ったのですが、4mmの円を綺麗に切り出すことが出来ずに断念しました。
なかなか自分で実際やってみると、うまくいかないものですね。
UVジェルクリアの使用方法に関して、模型転倒虫様からアドバイスをいただきました。
UVライトが近すぎると急速に硬化して、部分的に白濁するとのことで、今回はまさにそれが原因と思われました。
今後は下記の点に注意したいと思います。
①ジェルクリアはチューブ直塗りではなく、適量を出して爪楊枝などですくって使う。
②気泡があれば、針でつぶす。
③UVライトは距離を保って当てる。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR