FC2ブログ

ハセガワ ランボルギーニミウラ 下ごしらえ12 

平昌五輪が始まりましたね!!
研ぎ出しとかの作業だったら五輪を見ながらでも出来るのですが、考えながらしなければいけない作業はなかなか、ながらでは出来ないのがツライところです。
ミウラドア内側加工1
ドア内側の加工を進めていきます。まずは左側ね。
ミウラドア内側加工2
なかなかドアを閉めたときの収まりが悪かったので、ドアの収まるところに段差を付けました。
ドアのリア側の部分は実車でも段差はあるのですが、下側のところは大きな段差はないので実車とは違いますが、適当にごまかしましょう(汗)。
ミウラドア内側加工コクピット側
コクピット側ですが、ボディー側に内側部分を付け足したので、○で囲んだ部分が余分な部分となって干渉してしまいます。なので、この部分は切り取ります。
ミウラドア内側加工コクピット側2
スジ彫りガイドテープを貼って、ラインチゼルでけがきます。
ミウラドア内側加工コクピット側3
ある程度溝が彫れたらエッチングソーを溝にはめ込んで一気に切り落としました。
ミウラドア内側加工コクピット合わせ
ちょっとわかりにくいですが、コクピットは隙間無くボディー側に収まりそうです。
まだまだ加工は続きます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

思い切って内側を切り取りましたね。
(自分は心配でできそうにありません。)
綺麗に納まっていますね。
写真を撮るときに、縦方向(F側から)撮るとドアサッシュの加工したところの様子が分かって良いのでは?と思いますが。
少しずつ確実に進めていって下さい。

Re: No title

日の丸航空隊さん、こんばんは!
なかなか躊躇していたのですが、やらないことには先へ進めないので切りとばしてしまいました(汗)
真っ直ぐ切り落としただけなので、いざとなったらプラ棒で復活させることは出来そうなので。
写真、わかりにくくてスミマセン。
とりあえず、早くサフを吹くところまでいきたいです!!