R32GT-R シャーシ作成

シャーシを組み立てていきます。
シャーシでこだわったのはマフラーカッターです。
このキットのマフラーですが、金型が古いせいか、カッターの部分の形がつぶれていて、そのまま塗装すると不細工になりそうです。
R32マフラー加工
リューターで穴を大きくして形を整えました。
R32マフラー塗装
今回はメッキのピカピカ感を出すため、黒を塗って、その上からクリアーを塗った後に、メッキシルバーNEXTを吹きました。
やはり艶のある状態で吹くと、きれいに仕上がりますね。
R32シャーシ裏完成
マフラーのパイプ部分は今回はウェザリングマスターで焼けを表現してみました。
いつもながら組み上がるとそれなりに仕上がるのはさすがタミヤですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR