FC2ブログ

ハセガワ ランボルギーニミウラ したごしらえやり直し3

みなさん、こんばんは!
小学生の時、同級生に「ミウラさん」がいました。まあ、ミウラさんは全然めずらしい名前ではないのですが、少し前ですが、自分の職場の同僚に「じょうたさん」がいたんですね。もちろん、下の名前ですが。
この名前、ローマ字表記で「Jota」と書くんですよね。
!!!
イオタじゃないですか!!カッコイイなあ・・・

さて、ミウラですが前回ヘッドライトのくり抜きをしたところで中断していたんでしたよね。
このヘッドライトに睫毛を付けられるように加工します。
このあたり、図解なんでも制作日記のkenjiさんの加工をそのまま真似しています。
まず、くり抜いた枠にヘッドライトが嵌る黒い枠を下側に接着してそこにエポパテを詰め込みます。
エポパテを詰め込むのは枠を薄くする際の強度を保つためとボディー側にこのヘッドライトの枠をおさめる土台を作るのですが、底があった方が土台を作りやすいためです。
ミウラヘッドライト枠エポパテ表
エポパテを詰め込んだ後にヘッドライトのパーツを嵌めこみ、あとから嵌めれるようにしておきます。
ちなみに今回、ヘッドライトをエポパテが固まる前に外してしまったため、ヘッドライトにひっついてエポパテが若干手前側に出てきてしまったのか、硬化後にヘッドライトを嵌めてみたところはまらなかったので、このエポパテを後に削ることになったのは内緒です。
ミウラヘッドライト枠エポパテ裏
裏側から見たところです。

さて、このパーツが表側から嵌るように周囲を薄くしていきます。
ミウラヘッドライト枠嵌らず
ある程度薄くしたところで試しに嵌めてみました。
全然嵌りません(笑)
ミウラヘッドライト枠もう少し
どんどん薄くしていきました。もう少しです。
両サイドはかなりペラペラになってきました。穴が開かないか恐怖です。

で、嵌るようになったのですが、くり抜き方が下手くそで嵌まったヘッドライトの枠とボディーとの間に結構隙間が出来ていたんです(写真は取り忘れました)。
ミウラヘッドライト枠拡大
で、0.3mmプラ棒を瞬着で枠の縁に貼り付け、微妙に枠を拡大しました。
ミウラヘッドライト嵌めてみた修正後

で、嵌めてみたところです。隙間はほとんどなくなりましたよね。
でもまだすんなり嵌るわけではなく、前後は良いのですが、左右で微妙に干渉する部分があるので、もう少し攻め込まなければなりません。恐怖ですが。

まだ片側しか出来ていませんが、半日かかりました(汗)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

小学校低学年のとき、デパートの模型売り場の一番上の棚に鎮座していたオオタキのランボルギーニ・ミウラ。
カッコいいなぁと思いつつ、ランボルギーニも知らなかった私は、「ミウラって、三浦さんが作った車なのかな?」と思ってました(爆)
ヘッドライトのマツ育大変ですね。
もう片方も頑張ってください!

No title

こんにちは。
職場の同期に「イオタ(医王田)」というのがいました。
自己紹介の時に「ランボルギーニのイオタと同じ読みです。」とか言ってました。(笑)

お目目の加工は大変そうですね。
内側はぴったりだったけど、外側はパーツに厚みがありますから、それを丁度にするには削り倒さないとなりませんね。
マツ育も大変だ~。(笑)

120secさん、こんにちは。

うぅぅ。良い「ミウラ」ネタが出てこないっす。。。

子供の頃、年式、型式、メーカー、ブランド、車種などなど、全く気にもとめず、
「ランボルギーニカウンタック」
という車に目を輝かしておりましたが、そもそも
「ランボルギーニ」と「カウンタック」
だということに気付いたのは大人になってから(笑)。
ミウラの存在を知ったは、もっと後(笑)。
イオタを知ったのは、更にもっと後(笑)。
しかもジョタジョタ言ってました(笑)。
こんな私ですが、ランボ派です(爆笑)。

・・・さて。。。

調整と一言で片づけられない程、難しく大変な攻めですね。。。
左右が破れないように祈るばかりでございますが、
気持ち良く嵌まると最高でしょうね!!

Re: No title

ヒロシさん、こんばんは!!
続けてのコメント、有難うございます。
日本語に似ているスーパーカーってありましたよね。
ミウラも、差別用語に似ているマセラティとか。かえるのような目玉の彼らとか。
ヘッドライト、うすうす加工はなんとか出来ました。
あとはエッチングのまつげをうまく付けられるかどうか・・・

Re: No title

日の丸さん、こんばんは!
医王田さんですか!!
絶対に覚えられる名前ですね!
ヘッドライトの外枠パーツ、かなり薄々になりましたよ!
あとはまつげですね・・・
頑張ります!!

Re: タイトルなし

black?さん、こんばんは!
なるほど、我々(含むABSさん)スーパーカー世代より少し年下だとミウラとか、イオタはあまりなじみがないのですね。
自分が小さい頃はスーパーカーの中でもカウンタックと512BBが人気を二分していましたね。
自分のひいきのスーパーカーの最高速で優劣を競っていたような。
スーパーカーの特徴のリトラクタブルライトはスーパーカーライトと呼ばれ、自転車にも搭載されるという面白い時代でした。
ちなみに自分はカウンタック派で、自転車はブリヂストンのモンテカルロというスーパーカーライト搭載の自転車に乗っていました。

さて、左右、破れ欠けていますが、なんとかはまるようになりました。
あとはつけまつげをきれいに着けられるか・・・