R32GT-R 内装作成2

内装を作っていきます。
このタミヤのR32GT-Rの内装、インパネまわりは良いとして、ドアの内張の部分がしょぼいですよね。
ドアロックのレバーもないし、取っ手部分もうすすぎ。
本当はスルーするつもりでしたが、今回R32を作るにあたって参考にした雑誌モデルカーズ(過去のをネットの中古本で買いました)の記事が・・・
R32雑誌モデルカー記事
なんか、窓からのぞいたドアの内張がやけに立体的に仕上がっていて、イイ感じです!!
というわけで、やってみました。
R32内装ドア内張はずし
0.1mmのラインチゼルでドアの輪郭にそってけがいていきました。
最初、素のままで掘っていたら案の定、コースアウトしまくりました(汗)
そこで、途中からスジ彫りガイドテープを貼って作業です。
でも、なかなかくり抜けず、そうこうしているうちに、0.1mmのラインチゼルは逝ってしまいました(涙)
エッチングのこぎり、デザインナイフ、角の弯曲はけがき針などを駆使してようやく左側がはずれました。
R32ドア内張はずれた!
内張のコースアウトのキズが苦労の跡を物語っています。
R32内装ドア内張はずし2
右側は最初からスジ彫りテープを貼って作業しました。
今度は0.2mmのラインチゼルを用いて作業しました。左の経験が生きて、右はずいぶんはやくくり抜けました。
何事も経験ですね。自分の中で、経験値がどんどんあがっているのを実感しています。
でも、このあと、どうしたらいいのだろう??
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR