R32GT-R ボディークリア塗装

内装作成と平行して、乾燥に時間のかかるボディーのクリア塗装も行っていくことにします。
クリア塗装から研ぎ出し、鏡面磨きの過程は諸先輩方のやり方をいろいろ見て回っていますが、十人十色ですね!!
自分も経験を重ねて自分なりの方法を見つけていきたいと思います。
これまでの経験でわかったことは1500番で梨地を整えて、コンパウンドの粗め→細め→仕上げで磨いていくと、磨きキズを目立たなくするまで到達するにはかなり大変なことがわかりました。
なので、梨地を整えたあとに、磨きが必要でないくらい艶々にクリアを吹いて、その後、仕上げレベルのコンパウンドで仕上げるのが磨きキズも労力も一番少なくてよさそうでした。
クリアは今回もクレオスのGXスーパークリアーIIIです。フィニッシャーズのオートクリアーも使ってみたいのですが、なんとなくこのスーパークリアーの使い方がわかってきたので、今回はこれでいきます。
R32クリア塗装1
ヘッドライトの内側のリフレクター部分は今回はメッキシルバーNEXTで塗装する予定なので、あらかじめ黒で塗装しておきました。
R32クリア塗装2
今回もメタリック塗装をむらにならないようにざら吹きしているので、最初のクリア塗装ではどうしても梨地になってしまいます。
R32中研ぎ
なので、翌日中研ぎを行いました。今回はラプロスの4000番で水研ぎをしてみました。そのままで研ぐよりなんとなく、均一にスムーズに研げるような気がします。
このあと、たっぷりとクリアを吹く予定です!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR