R32GT-R ウインドウ分割

内装と平行して、ボディーに取り付けるパーツを仕上げていきます。
まずはウインドウです。
仮組みしてみたところ、フロントとサイドはなんとか合うのですが、リアがどうしても少し浮いてしまいました。
なので、ここは諸先輩方を見習って、リアのウインドウのみ切り出してみました。
R32ウインドウ磨き前
切離線の周囲のウインドウをマスキングして、Cピラーの部分の真ん中でリューターの円ノコを用いて切ってみました。
円ノコは初めて使ってみましたが、最初は切れが良いのですが、だんだん切れが悪くなって、どうしても途中で止まらざるをえなくなってしまいます。。。
一気にうまく切る、なにかコツはあるのでしょうか?
Cピラーのような太い部分なら大丈夫ですが、今の技術ではAピラーを切るのはちょっと怖いです。

このキット、フロントはまだましなのですが、サイドのウインドウが分厚いのか、ヒケがあるのか、ウインドウを通して見ると、向こう側が歪んで見えます。
R32ウインドウ磨き後
フロントウインドウをコンパウンドで磨いてみました。
サイドはやはり歪みが気になります。
というわけで、ウインドウの研ぎ出しにも挑戦してみたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR