R32GT-R ボディー鏡面仕上げ

内装と平行してボディーの仕上げにも取りかかります。
まずは鏡面仕上げです。
中研ぎをしてクリアーを吹いているので、ゆず肌も軽めです。
今回はラプロスを使用してみました。
ラプロスの6000番で磨いて、タミヤのコンパウンド細め→仕上げ→ハセガワセラミックと磨いていきました。
ラプロスいいですね!神ヤスリもよかったですが、ラプロスの方が布なので角が近いところでも攻めていけるような気がします。
こういうものの存在を知ったら、普通のサンドペーパーは使えなくなりますね。。。
R32ボディー鏡面仕上げ
角を絶対に出さないと誓ってやりました。角は徹底的にマスキングしました。
写真はルーフの部分をまず磨いたところです。
R32鏡面仕上げ2
ボンネット部分も磨きました。
さて、今回で3台目の磨き作業なのですが、ボディーでもルーフ、ボンネット、トランク部分はいいのですが、サイドやバンパー部分など、ちょっと研いだだけで角がでてしまう部分がどうしても甘くなってしまいます・・・
遠目で見るぶんには良いのですが、写真でアップなどを撮るとどうしてもあらが見えてしまいます。
この鏡面仕上げ、みなさん、どこまで攻めているのでしょうか??
R32-鏡面仕上げ完了
とりあえず、後に置いた雑誌がボディーに映り込むくらいにはなりました。
これにて鏡面仕上げは終了とします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR