R32GT-R ヘッドライト加工

本当はこんなことするつもりはなかったんです。
でも、見てしまったらもうやってみたいという衝動を抑えられません。
R32スカイラインですが、実車のヘッドライトはプロジェクター部分が目玉のようにすごくはっきりしていますよね。
R32前期ヘッドライト
実車のヘッドライトです。前期のものです。
R32GT-R.jpg
キットの箱絵をみると、このGT-Rは前期のヘッドライトを付けています。
でもこのキットを普通に作るとこうなります。
R32タミヤ
(タミヤのwebsiteより)
目玉があるのかないのか、ようわからん・・・

このプロジェクター部分をストローで再現している方がおられました!!
pageさんという方なのですが、ボンネットを始め、ドア、トランクまでフル開閉の素晴らしいGT-Rを作られています。
フル開閉なんて真似出来ないけど、このヘッドライトの加工くらいなら真似出来そうだな・・・と思いやってみます。

4mmのストローをヘッドライトのカバーガラスに可能な限り密着するように斜めに切りました。
ストローってハサミとかで切るとつぶれてしまって、綺麗な面で切り出せないですよね。
カッターも切れ始めるまでがちょっと時間がかかって、それまでに押しつぶしてしまう。
なので、エッチングのこぎりで切れ目をいれて、デザインナイフでしごいて出来るだけ面で切り出しました。
それをレンズの周りにかぶせてみました。
R32ヘッドライト加工1
まだ塗装前ですが、向かって右がストローで作った筒をかぶせた状態。左がキットのままです。
これにカバーガラスをかぶせてみます。
R32ヘッドライト加工2
おおっ!!なんとなく、目玉部分が強調されているではありませんか!!
これはイイ感じなので、頑張ってやってみます!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR