R32GT-R リアウインカー作成

くり抜いていたリアウインカーの部分ですが、クリアーパーツをどうするか検討中でした。
透明レジンで複製するか、透明プラ板を切り出すか・・・
今回はkwnさんという方のページで紹介されていた方法で行うことにしました。
R32リアウインカージェル流し込み
切り抜き部分の裏側からマスキングテープを貼り、切り抜き部分にUVジェルクリアーを流し込みました。
チューブからそのままいったらあふれちゃいました(汗)
綿棒で拭き取って、UV照射!!
ちょっとヒケたので、ジェルを爪楊枝の先につけて、さらに少し盛りました。
反対側は最初から爪楊枝の先につけて、一滴ずつ流し込みました。
こちらのやり方の方が、全然量の調節がしやすいですね(汗)
R32リアウインカージェル流し込み後
ジェルを流し込んだ後ですが、透明なので写真では入っているのか、入っていないのかよくわかりませんね。。。
このあと、マスキングしてスモークを吹き、裏からクリアオレンジのフィニッシュを貼る予定です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR