R32GT-R 内装作成9 〜とうとう完成〜

もう限界です・・・
なんとかきれいにならないかと、いろいろやってみましたが、まだまだ技術がなく、無駄に時間ばかり費やすので、今回はあきらめます。
今回、やってみて思ったのはパテを塗ったり削ったりしてきれいな面をだすことの難しさです。
諸先輩方はどのようにしてパテ盛りをしたあとに、まっすぐなライン、あるいはきれいな曲面を作り上げておられるのでしょうか・・・?
R32ドア内張完成
ドアの内張なので、窓越しであまり目立たない場所なのでよかったですが、これがボディーの改造などとなると、もうやるのが恐ろしくて出来ません。。。
ただ、ひたすら経験を積むしかないのでしょうか。
ドアロックのレバーはどうにもうまく作れず、結局、アオシマのR33スカイラインGTS25tのドアの内張をおゆまるで型どり、ドアロックの部分のみ切り出して薄く加工して貼り付けました。
左右で微妙に形が異なりますが、アオシマの金型は手書きなのでしょうか・・・?
R32内装完成2
内張をバスタブに貼り付けましたが、微妙に厚みが増して、貼り付けにも苦労しました。
今回、内装は仮組しなかったので出来上がってから気付いたのですが、ダッシュボードのセンターパネルとセンターコンソールのつながりが悪く、シフトレバーの外枠に段差が出来てしまっています!!
ドアの内張よりもむしろここの部分に気を使ったほうがよかったかも・・・
接着してからあまりのずれに愕然としました。
R32内装完成1
苦労した左側のドアの内張ですが、アップで見るともう、泣きたくなるような状態です(涙)
でも、タイムアップです。あきらめます。
北澤志朗氏の言葉がまた頭にこだまします。
「あきらめることも大切です・・・あきらめることも大切です」
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR