ハコスカ シャーシ塗装

ハコスカのシルバーをどうしたらうまく塗れるか悩んでいます。
タミヤの指定はアルミシルバーですが、これだとぎらぎらしすぎて、のっぺりとしたハコスカの感じが出ません。
ハコスカの色
ハコスカの色って、この写真のように全然メタリックのぎらぎら感がなく、やや黄色がかった灰色的なシルバーですよね。
とりあえず、適当に調色して、塗ってみます。
でもボディーは怖いので、まずはシャーシでテストです。
クレオスのシルバーにイエローを少し混ぜて、さらにガルグレーという薄い灰色っぽい色を混ぜてみました。
ハコスカシャーシ塗装1
ハコスカシャーシ塗装2
ハコスカシャーシ塗装3
なん・・・となく、それらしい色になったかな???
それらしいので、とりあえずボディにも塗ってみます。


ハコスカ シャーシ作成

シャーシを作成する際に手を入れる場所を確認するために仮組みをしてみました。
パーツの接着は両面テープで行っています。
仮組みなんて、今までやったことありませんでした(汗)
でもやってみると、どこにどのパーツがどのような形で配置されるのかがわかり、どこが目について、どこがどうでもいい部分なのかがよくわかりますね。諸先輩方が行っている意味がよくわかりました。
ハコスカシャーシ仮組
足回りのパーツのボルト部分にはシルバーを塗るようにしましょう。
ハコスカシャーシ仮組みアップ
アップで見ると、あらがよくわかります。
エンジンから出ているパイプの押し出しピンの跡が目立ちますね・・・
これは直しておかないと!!
ハコスカエンジンアップ
エンジンも乗せてみました。雰囲気はいいですねえ!!
今回、パイピングなるものに初挑戦してみようと思って、穴をあけてみましたが、真ん中に開けれていない・・・
しかも塗装がいまいち・・・
リード線をいろいろ探してみたのですが、0.8mmのものしか手に入りませんでした。みなさん、細いものをどこで購入しているのでしょうか・・・
0.8mmサイズではデスビに6本のリード線を付けることは出来ないので、今回はその近くに取り付けて雰囲気のみ出すことにします。
ファンのゲート処理もダメですね。
パイプのパーティングラインも目立ちます。
これからは仮組みしてから塗装するようにします。
いやあ、なかなか納得いくようには仕上がらないものですね!

ハコスカ メッキパーツ塗装

もともとのメッキパーツはプラモデルには少しギラギラしすぎているかなと思い、クレオスのメッキシルバーNEXTなるもので塗装してみました。
メッキはキッチンハイターを薄めた液にパーツを浸けて落としました。
ハコスカメッキパーツ塗装
塗装前のメッキの状態を撮り忘れたので比較出来ませんね(汗)
でも、ギラギラ感はなくなり、落ち着いた感じになりました!
でもフロントグリルは切り抜いてメッシュを張ることを考えていたりします・・・

R33GT-R 窓枠マスキング失敗・・・

なかなか進んでいないR33 GT-Rですが、クリアーの再塗装から1週間経過したので再び研ぎ出しを行いました。引き続いて窓枠塗装を行いました。窓枠のRになかなかうまくマスキング出来ず、一般的に良く行われているマスキングテープを貼った後に、カッターで切り出す方法は窓枠の溝がかなり浅くなっていたため危険と判断し、マスキングテープを小さく切って、張り重ねていく方法でマスキングを行いました。
結果・・・
R33窓枠失敗
ひどい・・・
20年前に行った筆塗りの方がよっぽどきれいに行えた。
マスキングのまずさとエアブラシ塗装のまずさの二重のまずさが重なってみるも無残な状態に。
まだこれだけならなんとかリカバリー可能だが、マスキングの隙間から塗料の溶剤がしみこんだのか、ボディーのクリアー層がざらざらになって、一部マスキングテープの糊の跡みたいなものが付着している・・・
R33クリアーダメージ
クリアーの乾燥が不十分だったのか、マスキングがまずかったのか原因はわからない。
いずれにしても、やり直し決定です(涙)
今日、費やした半日が無駄に・・・

ハコスカ フロントグリル塗装

傷心の120secです。
R33のボディー製作の失敗のダメージを引きずりつつも、ハコスカの製作を進めております。
しかし、R33の失敗で学んだことは、やはりエクステリアの失敗はダメージがでかい!!!ということです。
当初、ハコスカのフロントグリルを切り抜いてやろうと息巻いておりましたが、身の丈を知らないというか、まだ技術がともなっていないというか、全く自信がなくなってしまいました・・・
ということで、グリルの切り抜きは次回挑戦として、黒の塗り分けを行うことにします。
実は、メッキを剥がす前にエナメルのセミグロスブラックを筆塗りし、メッキ部分をつまようじでカリカリしてブラックを落として塗り分けてみましたが、どうもきれいにいきませんでした。
今回はメッキでなく、メッキシルバーNEXTで塗装している部分に黒を塗るわけですが、一応、調べてみるとメッキシルバーNEXTの上にエナメルを塗装して、エナメルシンナーで剥がすことが出来るみたいですが、試しにやってみるとごしごしこするとやはりメッキシルバーは剥がれてしまいました・・・
というわけで、鬼門であるマスキングを行い、塗装することにしました。
はたしてうまくいくのか・・・

ハセガワのツールを利用して6.5mmの丸を切り抜き、ヘッドライトにはりました。そして0.7mmと1.5mmのマスキングテープを用いて必死のマスキングです!!
ハコスカフロントグリルマスキング
そして、万が一の失敗のときのために、塗装はエナメルで行いました。
セミグロスブラックとフラットブラックをハーフ&ハーフにしてエアブラシで吹きました。
その結果は・・・
ハコスカフロントグリル成功
おおっ!!
決まりました!!
いやあ、マスキングが決まった時ってサイコーですね!!
ちょっと元気が出てきました(笑)

続きを読む

ハコスカ エンジン作成

ハコスカですが、パイピングして、エッチングパーツと金属パーツを付けてエンジンを完成させました。
パイピングですが、リード線が0.8mmのものしか手に入らなかったので、やはり1/24スケールでは太すぎるような・・・
なので、デスビにももちろん付けることが出来ず、デスビの下側のファンベルトのモーターの裏みたいな所にまとめて入れ込んでいます。まあ、雰囲気重視ということで。。。
ハコスカエンジンラッパ側
この金属のラッパみたいなパーツが付くと、グッと質感が上がりますね!!
ハコスカエンジン
パイプは筆塗りしたのですが、筆塗りするとどうしても艶が出てしまいますね・・・
ここはエアブラシでやり直すことにします。


ハコスカ ボディー塗装

シャーシに試し塗りしてみた、シルバーにイエローとグレーを混ぜて調色したやや黄色がかったシルバーをボディーにも塗ってみました。
シルバーは吹き付けすぎると金属粒子が目立つということですので、艶は後から塗るクリアーで出すこととして、とにかくムラにならないように、金属粒子が浮き出てこないように注意しながら塗りました。
ハコスカボディー塗装1
自分的にはまあまあ均一に塗れたんじゃないかなと思うのですが、いかがでしょうか。
ハコスカボディー塗装2
フロントグリルをはめてみました!!
か・・・かっこ良すぎる!!!
早く完成させたい・・・

R33GT-R ボディーサフ吹きやり直し

窓枠塗装に失敗したR33GT-Rですが、新しいボディーが届きました。
今度は失敗しないようにいきたいと思います。
600番のペーパーでパーティングラインの処理を行い、スジホリをした後に1200番を軽くかけてサフを吹きました。
R33サフ吹き2
R33サフ吹き1
前回、塗装後に問題と思ったのはヘッドライトのカバーガラスが塗装が厚くなりすぎてはまらなくなってしまったこと、リアのGT-Rエンブレムもクリアー層にモールドが埋もれてしまって、塗りにくくなってしまったこと、窓枠のモールドもほとんど埋まってしまったことでした。
今回はその辺りに注意して塗装をしていきたいと思います。

窓枠塗装について考えた。

R33窓枠失敗
前回、窓枠塗装に失敗して、次に同じ失敗をしないようにどのような手順で行うべきか考えてみた。
諸先輩方の実践している方法で自分が取り入れてみたい方法を書いてみる。
まずはマスキングテープの貼り方について

①マスキングには極細のテープを用い、曲線にあわせて貼っていく

このしあわせプラモさんの動画は初心者にはすごく参考になります。
自分の失敗は短いテープを重ねてのマスキングであった。細くて長いテープを弯曲にあわせて貼っていくのは簡便な方法だと思う。これにぴったりなマスキングテープも発見!!
ハイグレードマスキングテープ

②マスキングテープを貼ったあとに、デザインナイフで切り抜く
窓枠をきれいに塗装する
この方法は一般的だと思うが、クリア塗装後には窓枠の溝が浅くなっていることが予想され、刃先が溝からはみ出す可能性がある。実際、失敗したR33のボディでこの方法を試してみたら、見事にはみ出してしまった!!
なので、この方法で行う場合は溝がまだしっかりしているクリア塗装前にするのがいいのでは?
クリア塗装前の窓枠塗装に関しては、いつも参考にさせていただいているえきさいてぃんぐMODELERさんが行っております。
NISSAN GT-R 窓枠塗装
この場合は、最後に窓枠のみ、つや消しクリアで塗装するそうです。クリアなので、はみ出してもほとんど被害がないとか。

③窓枠にマスキングテープを貼り、細いシャーペンなどでなぞってからマスキングテープをはがし、カッティングマットの上に貼り付け切り出し、これを貼り付ける
この方法は、もうすごくてため息しか出ない、図解!なんでも製作日記にありました。
BRZ 窓枠塗装
この方の作ったミウラは、もうすごくてため息しか出ません。。。世の中にはすごい方がいるもんだ・・・

次にマスキングから塗料がはみ出すのを防止する方法

①マスキング後に爪楊枝などで縁をしっかり押さえる
これも基本中の基本で、どこに行っても書いてありますね。

②マスキング後にクリア、あるいはボディ色を窓枠塗装の前に吹き、マスキングテープの隙間からの漏れを防止
こんな方法があったとは・・・
これは使えそうだ!!

さて、今度は自分で考えてみた方法である。
ネットで検索しても、まだこの方法で行っている方はいないので、実際はうまくいかない方法なのかもしれないが・・・
今回、窓枠塗装を失敗して、この最後の最後で失敗することほどダメージが大きいことはない。それなら窓枠塗装を一番最初にすればどうであろうか??
具体的にはサフを吹いた後に、まず窓枠塗装を行う。とくにマスキングはせず、ざっくりと塗装を行ったのち、窓枠部分にマスキングテープを貼って切り出し、窓枠の側をマスキングする。
その後、漏れ防止のクリアをマスキングの縁に軽く吹いた後に、下塗り塗装、本塗装と仕上げる。
研ぎ出しまで行ったあとに窓枠に貼っていたマスキングをはがせば、もはや研ぎ出したボディを汚したり傷つけたりする心配は何もないのではないか!!??万が一、窓枠側にボディ色が一部漏れたとしても、窓枠側の修正なので、比較的行いやすいのではないか?
ただこの方法、窓枠のマスキング後に、一部ブラックのはみ出したボディに均一にボディ色が塗れるのかどうか(特に明るい色の場合は気になります。むらになりそうならいっそ、ボディ全体を窓枠塗装色に塗装してからボディの塗装を行うのもアリか?)、クリアまで塗装した後に、ボディ側の塗装をはがすことなくマスキングをはがせるのかどうか、マスキングをはがした後に、ボディ側と窓枠に段差が出来ないかどうか、いろいろ不安材料はあるので、とりあえずプラ板などで試してから行ってみたい。うまくいけば窓枠塗装で泣く、初心者モデラーにとっては画期的な方法になるかも??

ハコスカ ボンネットのヒケを発見・・・

R33と平行して行っているハコスカの作成ですが、ボディーにシルバーを塗っている段階で、ボンネットのシルバーがどうも均一にならず、シルバーでは禁忌とされているペーパーがけをしてしまいました。
そうすると、ボンネット裏のプレスラインが浮き出てくる結果に・・・
最初にこの部分のヒケの処理をしていなかったせいでしょうか。
ハコスカボンネットヒケ
その後、この上から再塗装するも、何回重ね塗りをしても真ん中の下地が出ていた部分と、シルバーの残っていた辺縁との境目が消えず・・・
こちらもやり直し決定です。
頑張ってペーパーかけて塗装全部落として、もう一度、サフからやり直します。
なんか、プラモデル作りって・・・つらい。。。

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR