R32GT-R インタークーラー作成

元々のキットのインタークーラー部の前のエアインテークの部分はメッシュ模様のふたをする感じだったのですが、ホビデのエッチングのメッシュに置き換えるので、インタークーラーを作らなければなりません。
同じタミヤのR32でもニスモの方にはインタークーラーが付いているので、そちらからパーツを取り寄せようかとも思いましたが、600円くらいするので(もう600円出せばキットが買える!?)、予備で買ってあるR33GT-Rのパーツから複製することにしました。
R32インタークーラー複製
おゆまるで型をとります。
このおゆまる、なかなか売り切れで売っていないんですよね。。。手に入れるのに一苦労です。
型も水が入ったのか、インタークーラーの網の目が一部つぶれたりしたところも出来てしまって、なんか冴えないインタークーラーとなってしまいました。
まあ、この前にはメッシュグリルが付くので、実際にはほとんど見えないので適当でよしとします。
R32インタークーラー塗装
黒だとインタークーラーの存在自体がわからなくなるので、シルバーに黒を少しまぜて塗装しました。
うーん、なんかつぶれまくっている・・・
本当に大丈夫か・・・


R32GT-R シャーシ完成

ホイールのセンターキャップですが、結局、もう一つのSマークが凸になっているエッチングの方をしようすることにしました。こちらの方が、Sマークがくっきりしていると思いまして。
R32タイヤセンターキャップ取付
エッチングをGPクリヤーで貼り付けました。
続いてシャーシにタイヤを取り付けるのですが、この取り付けって接着剤が完全に着いていないと難しいですよね。
今回も早まって、接着剤が十分に着いていなかったのか、左後輪が取れてしまいました(汗)
R32シャーシインタークーラー付2
インタークーラーを取り付けました。R33は垂直でなく、頭側が前傾姿勢で付いていましたので、それに習って付けてみました。接着はGPクリヤーで軽く固定した後、周囲をエクセルエポで固めました。
実際はどうなんでしょう?傾いているのかな??
R32シャーシインタークーラー付
前から見たところです。かなり網目がつぶれた感じのインタークーラーとなっていまいましたが、大丈夫でしょうか??
R32見えるインタークーラー
ボディーと合わせると、こんな感じでフロントグリル下の開口部から見えます♪
これにメッシュグリルが覆い被さるので、あらはほとんど見えないでしょう(頼む・・・)

R32GT-R シャーシをボディーと合わせてみました

シャーシが完成したので、とりあえずボディーと合わせてマフラー、タイヤなどのフィッティングを見てみました。
R32ボディ合わせフロント
おおっ!!なんかいい雰囲気ですね!!
R32ボディ合わせサイド
純正仕様ですので、車高もこんなものでしょう。
R32ボディ合わせリア2
後から。いいですね♪
R32ボディ合わせリア
ちらっと見える純正マフラーもよい感じですね!!
さて、次は内装へと移ります!


R32GT-R 内装作成1

ホビデのエッチングパーツで説明書にないものがたくさんあります。
なんとなく、ここに使うんだろうなというのがわかるものが多いのですが、どうしても何かわからないものがありました。
それがこれです。
R32エッチングこれは何?
何??この剣道の面みたいなかっこのものは??
答えはこれです。
R32エッチング答え
あ、こんなところに同じ形が・・・!!
実物はどうなっているのか調べたところ、
R32実車フロアマット
フロアマットのヒールパットって呼ばれる部分なんですね!!
これは、フロアマットも作れということなのでしょうね・・・

R32GT-R 内装作成2

内装を作っていきます。
このタミヤのR32GT-Rの内装、インパネまわりは良いとして、ドアの内張の部分がしょぼいですよね。
ドアロックのレバーもないし、取っ手部分もうすすぎ。
本当はスルーするつもりでしたが、今回R32を作るにあたって参考にした雑誌モデルカーズ(過去のをネットの中古本で買いました)の記事が・・・
R32雑誌モデルカー記事
なんか、窓からのぞいたドアの内張がやけに立体的に仕上がっていて、イイ感じです!!
というわけで、やってみました。
R32内装ドア内張はずし
0.1mmのラインチゼルでドアの輪郭にそってけがいていきました。
最初、素のままで掘っていたら案の定、コースアウトしまくりました(汗)
そこで、途中からスジ彫りガイドテープを貼って作業です。
でも、なかなかくり抜けず、そうこうしているうちに、0.1mmのラインチゼルは逝ってしまいました(涙)
エッチングのこぎり、デザインナイフ、角の弯曲はけがき針などを駆使してようやく左側がはずれました。
R32ドア内張はずれた!
内張のコースアウトのキズが苦労の跡を物語っています。
R32内装ドア内張はずし2
右側は最初からスジ彫りテープを貼って作業しました。
今度は0.2mmのラインチゼルを用いて作業しました。左の経験が生きて、右はずいぶんはやくくり抜けました。
何事も経験ですね。自分の中で、経験値がどんどんあがっているのを実感しています。
でも、このあと、どうしたらいいのだろう??

R32GT-R ボディークリア塗装

内装作成と平行して、乾燥に時間のかかるボディーのクリア塗装も行っていくことにします。
クリア塗装から研ぎ出し、鏡面磨きの過程は諸先輩方のやり方をいろいろ見て回っていますが、十人十色ですね!!
自分も経験を重ねて自分なりの方法を見つけていきたいと思います。
これまでの経験でわかったことは1500番で梨地を整えて、コンパウンドの粗め→細め→仕上げで磨いていくと、磨きキズを目立たなくするまで到達するにはかなり大変なことがわかりました。
なので、梨地を整えたあとに、磨きが必要でないくらい艶々にクリアを吹いて、その後、仕上げレベルのコンパウンドで仕上げるのが磨きキズも労力も一番少なくてよさそうでした。
クリアは今回もクレオスのGXスーパークリアーIIIです。フィニッシャーズのオートクリアーも使ってみたいのですが、なんとなくこのスーパークリアーの使い方がわかってきたので、今回はこれでいきます。
R32クリア塗装1
ヘッドライトの内側のリフレクター部分は今回はメッキシルバーNEXTで塗装する予定なので、あらかじめ黒で塗装しておきました。
R32クリア塗装2
今回もメタリック塗装をむらにならないようにざら吹きしているので、最初のクリア塗装ではどうしても梨地になってしまいます。
R32中研ぎ
なので、翌日中研ぎを行いました。今回はラプロスの4000番で水研ぎをしてみました。そのままで研ぐよりなんとなく、均一にスムーズに研げるような気がします。
このあと、たっぷりとクリアを吹く予定です!!

R32GT-R ボディークリア塗装続き

中研ぎを終えました。
角の部分はマスキングをして、かなり慎重にしたつもりでしたが、マスキングの甘かった部分など、所々で角が出てしまいました。
R32角が出る2
マスキングが甘かったか・・・
R32角が出る1
こんな所まで・・・

R32部分マスキング塗装
マスキングして部分塗装をして目立たなくしました♪

そしてどばーっとクリアーを吹きましたが・・・

R32クリア塗装ほこり
うわっ!ほ、ほこりがあ
R32クリア塗装たれる
うわ〜っ!!たれた

まだまだ修行がたりないようです・・・

R32GT-R ボディークリア塗装仕上げ

埃の付いた部分、たれた部分にペーパーをかけ、再度クリアーをどばーっと吹きました。
R32クリア塗装再2
こんどはどうだっ!!
R32クリア塗装再3
ゆず肌はずいぶんましになりましたよね!!
R32クリア塗装再
しばらく乾燥です♪
内装の続きをせねば・・・
でもドアの内張り、どうやって作ろうか・・・??

R32GT-R 内装作成3

ドアの内張をどのように作ったらよいか、悩んでいます。
切り抜いてはみたものの、モデルカーズの製作例のような感じにするにはどうしたらよいのだろう??
R32ドア内張穴あけ
とりあえず、中を覗いて目に付く部分を作ることにしました。
ドアのロックレバーの部分を穴をあけました。
R32ドア内張製作2
モデルカーズの製作例を真似してみました。
ちょっと実車とは違いますが、雰囲気が出てればよいかと・・・
R32ドア内張製作
これにパテを塗って、整形してみます。

R32GT-R 内装作成4

内装の指定色ってインストと実車ではずいぶん異なることがありますよね。
今回、内装の中心となる色はジャーマングレー。
シート、ダッシュボードなどにこの色が指定されています。
実車のコックピットです。
image_history03_07_large.jpg
ダッシュボードとシートではずいぶん色の感じが違います。
シートはずいぶん明るい感じがします。
ジャーマングレーですがクレオスとタミヤでこれまたずいぶん色が違います。
R32ジャーマングレー
左がタミヤ、右がクレオス。
タミヤの方が明るめです。クレオスは暗くて、しかもややテカりがあります。
なので、今回、シートはタミヤのジャーマングレー、ダッシュボード他はクレオスのジャーマングレーを使用してみます。
R33インパネ塗り分け
ダッシュボードはクレオスのジャーマングレーにセミグロスブラックで塗り分け。
どっちも暗い色なので、わかりにくいですね。。。
R33室内塗り分け
室内のクレオスとタミヤのジャーマングレーの塗り分け、わかりますでしょうか?
窓から見たら、おそらくほとんど同じにしか見えないんでしょうけどね。。。

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR