ケンメリGT-R 下ごしらえ4

下ごしらえが続きます。
ケンメリ実車リア
ケンメリ実車のリアです。
リアスポイラーがリベットで固定されているので、これを再現したいと思います。
ケンメリリアスポイラー
今回、フジミのキットを組むのは小学生の時以来で、ほとんど初めてに近い状態だったのですが、ゲートがタミヤに比べてずいぶん太いという印象がありました。
タミヤはほとんどギリギリにニッパーを入れられましたが、フジミで同じことをするとえらいめに会います・・・
ボディーもずいぶんと厚みがあるなあという印象です。
ケンメリリアスポイラーマーキング
スポイラーを固定して、リベットの位置をマーキングしました。
一瞬、トランクの幅よりスポイラーが大きいのでドキッとしましたが、実車写真がそうなっているので安心しました。
リベットは志賀針の3号を使ってみることにして、0.5mmのピンバイスで穴を開けました。
ケンメリリアスポイラーリベット
志賀針を刺してみました!!
オオオッ!!エエ感じやないですか!!
ケンメリリアスポイラーリベット裏
裏はこんな状態に!
恐ろし〜

ケンメリGT-R 下ごしらえ5

まだまだ下ごしらえが続きます。
フェンダーミラーの接着部のマーキングは目を凝らさないと見えません。
しかも、このケンメリはミラーの角度が難しい。
ケンメリ実車フロント
結構、付け根の部分は開いているけど、ミラーの部分は水平のように見えます。
ケンメリひどいフェンダーミラー
キットのミラーですが、これは・・・!!
バリはひどいし、段差はあるし、ちょっと恐ろしい状態です。
ケンメリフェンダー軸打ち
パテを盛って、軸打ちしてみました。
写真ではわかりにくいですが、ピンバイスの方向がまずくて、ちょっと付け根の横壁を突き破ってしまいました(汗)
まあ、あとでパテを盛って隠しておきましょう。。
しかし、軸を打つのはいいとして、正しい位置にみなさん、どのようにして合わせているのでしょうか?
ケンメリフェンダー仮合わせ
とりあえず、それらしい位置と方向にボディーの方は穴を開けましたが、当然フィットしませんよね。
ケンメリフェンダー修正
ここは転倒虫さんの方法で修正します♪
ボディーにセロテープを貼って、パテを盛ってミラーを正しい角度で刺しました。
このあと、余剰部分を削り取ろうとしたのですが、パテに光硬化パテを使用したのがまずかったのでしょうか・・・
あっさり、ミラーからパテがポロっと取れてしまいました(涙)
出直しです。

ケンメリGT-R 下ごしらえ6

さあ、どんどん行きますよ!!
悩んでばかりでなかなか進まないケンメリの下ごしらえ。
フロントマスクを眺めては、周囲のメッキ部分をどうやってきれいに仕上げようか・・・といろいろ思考をめぐらせます。
ケンメリフロント
うーん。。。
ケンメリボンネット開口
こうなっちゃいました。
別にエンジンルームを再現するつもりなんか全くありません。
こうすれば少しは周囲のメッキ部分の仕上げがしやすくなるかなあと思って(汗)
フロントをこうしたら・・・
ケンメリトランク開口
リアもこうしないとバランス悪いですよね。
あっ、トランクルームの再現なんて、これっぽっちも考えていないです。
このケンメリ、完成するのだろうか・・・

ケンメリGT-R 下ごしらえ7

まだボディーにサフすら塗れていない状況です。
色はどうしよう?
ケンメリGT-Rは白、赤、シルバーの3種類みたいですね。
ハコスカ同様、やはりシルバーかなあ・・・?
さて、前回見事に失敗したフェンダーミラーのフィッティングに再挑戦しました。
今回はポリパテを使用し、もう少し少なめにパテを盛って修正してみました。
ケンメリミラー修正ポリパテ
今回はポロッと取れることなく、いけましたよ!!
ケンメリミラー修正後1
ほとんど隙間なく、ボディーに合わせることが出来ました♪
ケンメリミラー修正後2
こんなもんかなあ・・・?
牛歩のごとく、進んでいます。

ケンメリGT-R 下ごしらえ8

まだまだ下ごしらえは続きます。
いやあ、このケンメリ、部品少ないのに、いつまでたってもサフが吹けません。
けっこう、手強いです(汗)
ケンメリドアノブ
ドアノブは2mmのプラ角棒を切り出して作りました。
キットの立体感のない、モールドよりはましでしょうか??
キーホールは虫ピンか、釘の頭を削って作製する予定です。

続いてフロントの細かい部分に移ります。
ケンメリ実車フロント
実車です。バンパーにリベットがいくつか付いています。
ケンメリバンパーフィッティング前
フロント、およびリアのバンパーはメッキを落としました。というのも、バンパーのサイドにゲートがあって処理しないといけなかったのと、バンパーに結構ひどいヒケがあって。。。
バンパーのリベットの部分に穴を開けました。
バンパーのウインカーのクリアーパーツにも、ねじ穴を開けました。
ここにも00号の虫ピンを刺す予定です。
フロントフェンダーとアンダーパネルとの合わせ目をスジホリしました。
この部分に六角ボルトヘッドを付けるのが、実車らしく見せるのには大事なのではないかと・・・
ケンメリリアバンパーフィッティング
リアバンパーにもリベットの穴を開けました。

もう少しで・・・サフを吹けそうです。。。

ケンメリGT-R 下ごしらえ9

ケンメリ実車フロントバンパーのウインカーのレンズですが、実車は細かい格子模様が付いています。
ケンメリキットレンズ
キットのレンズです。
格子模様ではありますが、目が粗すぎて後ろがよく見えます。
何とかもう少し、細かい目に出来ないかと思っていたときに、nanapapaさんのブログでUVレジンを用いて、透明プラ板にレンズカットの模様を付ける方法が紹介されていましたので、それをちょっと応用してやってみました。
nanapapaさんのページはこちら
ヨーグルトのふたの裏の銀紙もnanapapaさんが紹介されておりました。
今回、この銀紙の格子模様をレンズに付けてみます。
nanapapaさんのオリジナルはやすりをおゆまるに押しつけておゆまるにやすりの模様を型取り、そこにUVレジンを塗って、その上に透明プラ板を置いて、模様を付けるというやり方でしたが、今回は直接銀紙にUVレジンを塗ってみます。
まずはうまくいくか実験です。
ケンメリレンズカット実験
銀紙の格子模様の上にUVレジンを塗りました。
ケンメリレンズカット実験2
その上に透明プラ板を置いて、UV照射で固めました。
さてさて・・・

ケンメリレンズカット実験3
おおっ!!!
見事に銀紙の模様が透明プラ板に付いたではありませんか!!

では実際にキットのレンズのクリアパーツに模様を付けてみます。
本当はレンズに付いてる模様を落としてからやるのが良いのでしょうが、結構粗いのでそのままやっても大丈夫でしょう!!(たぶん)
ケンメリキットレンズ加工1
プラ板に銀紙を貼って、その上にUVレジンをうすく塗って、レンズを貼り付けました。
そしてUV照射です!!

ケンメリキットレンズ加工2
おおおっ!!!
これは素晴らしい!!!
見事に格子模様がレンズに付きました!!
この方法はいろいろ応用出来そうです。

ケンメリGT-R 下ごしらえ10

フロントとリアのバンパー周辺の加工を行いました。
フロントはバンパーにリベットを付けてみました。フェンダーとアンダーパネルの合わせ目に六角ボルトヘッドを付けてみました。
ケンメリフロント志賀針リベット
リベットは志賀針を使ってみましたが、ちょっとヘッドが厚みがあって丸すぎて(バンパーと接する側も丸いんです)バンパーから浮いて見えますね・・・
ケンメリフロントナット
というわけで、アドラーズネストのリベットヘッドを付けてみました。
写真だとあまり変わらないように見えますが、バンパーに密着して、実車に近い感じになったように思います(たぶん・・・)。
六角ボルトヘッドはアドラーズネストのSサイズのものを使ってみましたが、写真でアップで見ると少しオーバースケールに見えますね・・・
もうワンサイズ小さいのにしようかな??


リアバンパーの反射板の部分ですが、透明プラ板を切り出して裏にヨーグルトの銀紙を貼り付けてはめ込むことにしました。
まずは透明プラ板を切り出します。
ケンメリリアレフレクター
マスキングテープに型を取り、透明プラ板に貼り付けて切り出しました。
この切り出しがはさみで切ったりしていて、どうしてもうまく出来なかったのですが、これもnanapapaさんのブログでニッパーで切り出しているのを見て、それにならってやってみるとすごくきれいに正確に切り出せました!
実際は少しだけ大きめに切り出して、やすりで少しずつ削ってサイズを合わせました。
ケンメリリアリフレクター2
メッキパーツの上から赤を塗装するよりはよい感じに仕上がるであろうと信じてやってみます。

ケンメリGT-R ボディー色

忘年会シーズンになりましたね!
というわけで、ケンメリ作製がちょっと停滞しています。
まだ、サフも吹いていない状態ですが、ボディーの色をどうするか、悩んでいます。
ケンメリGT−Rシルバー
http://www.theverge.com/2016/3/23/11293378/nissan-skyline-gtr-photos-nyias-2016より引用
やはりシルバーが定番かな、と思ったのですが・・・

GT-RC110
いやあ、赤もカッコいいかなと思って・・・

もうしばらく考えます。。。

ケンメリGT-R 今更ながらキットと実車の比較

下ごしらえをのんびり進めているケンメリGT-Rですが、サイドから見たところが実車とずいぶん違って見えたので、今更ながらキットと実車を比較してみました。ベテランモデラーさんは皆さん、作る前にやっていますよね。
まあ、比較して違っていたとしても、それを改造する技量はもっていないので、単に比較するだけですが・・・
ケンメリ実車と比較
まず前後のバランスですが、実車と比較してキットでは若干フロントノーズが長いですね。
そして、それがそのまま後にずれ込んで、ホイールベースは延びているのですが、リアのオーバーハングがキットではすごく短くなっていて、それがリアウインドウの傾斜にも反映されており、キットでは実車より急斜面になってしまっています。
上下のバランスで見ますと、フロントノーズにおいてキットではフェンダーより上の部分が実車より長く、そしてルーフの部分が丸く厚くなっています。
そのため、実車よりずいぶんずんぐりむっくりと見えますね。
まあ、実車と模型が違うことはよくあることだと思いますので、スルーさせて下さい。
でも、ベテランモデラーさんだったらどうするのかなあ??
ホイールベースから改造するのでしょうか?リアの傾斜はどうするのだろう??
気になります。。。

ケンメリGT-R 初サフ!!

まだ色も決めていないケンメリですが、ゆっくりと進めております。
ケンメリアンダーパネル修正
フロントのアンダーパネルに開けたナットの穴の位置が気に入らなかったので、開け直しました。
ケンメリアンダーパネル修正2
もとの穴はプラ棒の先を削ったものを突き刺して埋めました。

そして、待望の初サフ!!
とりあえず、ボディーの修正箇所を把握するために吹いてみました。
ケンメリサフ
いっぱい修復するところがありそうです(涙)

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR