ハセガワ 初代セリカ1600GT ドア内張り外枠製作2

ドア内張の外枠を作っていきます。
セリカドア内張外枠製作4
マスキングテープにマーキングした外枠の形を切り出してプラ棒を3個重ねたものに貼付けました。
これをニッパーで大まかに切り出し、やすりで形を整えました。
それをはめてみるとこんな感じに。
セリカドア内張外枠製作5
こんなもんかなあ・・・?
セリカドア内張外枠製作6
下側の部分も2mmと1mmのプラ棒を貼り合わせて隙間を埋めました。

残りは前側の部分ですが、ひんじがあるのでちょっと作りにくいですね。。。
あまり見えない部分なので、必要最小限で済ましたいなあ・・・

ハセガワ 初代セリカ1600GT ホイールハウス目隠し作製2

さて、せっかく作ったホイールハウスの目隠しですが、その効果はいかほどでしょうか?
セリカホイールハウス目隠し作製3
フロントグリルとバンパーをはめてるのは製作のモチベーションを上げるためです(汗)。
セリカホイールハウス目隠し作製4
ボディーをはめるとこんな感じ。
まあまあ、イイ感じでしょうか!?
これにタイヤが付くとどんな感じになるのでしょうか?
というわけで、久しぶりにシャーシにタイヤを組んでボディーにはめてみました。
セリカホイールハウス目隠し後仮組み
リアタイヤはもう少し外に出した方がよさそうですね。
セリカホイールハウス目隠し後仮組み2
気になっていたフロントホイールの前側部分は全く見えないですね(汗)
・・・このままでいきましょう!!
セリカホイールハウス目隠し後仮組み3
またまたモチベーションを上げるためにドアをはめてみました。
これは・・・内装をリアルに作ったら、かなりイイ感じに仕上がりそうです。

ハセガワ 初代セリカ1600GT ホイールハウス目隠し製作1

行き詰まっているドア内張ですが、気分転換に他のことをやることにしました。
このセリカのシャーシのホイールハウスの部分とボディーとの隙間がすごく大きいんです、
セリカホイールハウス目隠し作製1
これではあんまりなので、ホイールハウスの目隠しを作ることにしました。
このセリカ、キャビンとホイールハウスとの距離がすごく近いため、ボディー側に付けると内装のバスタブと干渉してしまうため、ケンメリと同じくシャーシ側に付けることにしました。
シャーシ側に付けるときに気をつけるべきことは、サイズをギリギリにするとボディーのはめ、外しの際に干渉して苦労することはケンメリのときに痛いほど経験したので、今回は目立たなくなればいい、くらいの気持ちで作ることにしました。
セリカホイールハウス目隠し作製5
フロントは外から、リアは内側から3mmプラ板を適当に切り出して貼り付けました。
セリカホイールハウス目隠し作製2
シャーシにボディーをはめるときに、フロント部分の前側がどうしても干渉するので、ギリギリに作るとはめるときはよいのですが、外すときにどうしてもはずれないので、フロントの前側はほとんど無いに等しいくらいの目隠しになっちゃいました。これでも目立つようならこの部分だけボディー側から目隠しを作ることにします。
セリカホイールハウス目隠し作製6
フロント側は外側からプラ板を張り付けたので、内側の段差をなくすためにパテを盛りました。
こんなところ、完成したらほとんど見えませんよね・・・

ハセガワ 初代セリカ1600GT ドア内張り外枠製作1

なかなか進まないセリカですが、試行錯誤しながら少しずつ進めております。
ドア内張の外枠って実車はかなり複雑な構造をしてますよね。
とてもそんなんは作れないし、もう、この工程にいい加減嫌気がさしてきているので、端折って適当に作りたいのですが・・・
セリカ実車ドア内張
実車です。とにかく複雑な格好をしています。
セリカミニカードア内張
一方、これはオートアートの1/18ミニカーの内張。
実車と全然違うけど、実車を知らない人が見たらこんなもんかと思ってくれるか(思わへん、思わへん!!)
というわけで、でっち上げることにしました(汗)
セリカドア内張外枠製作1
まず、ドア内張の内側に薄いプラ棒を貼り付けました。
ここまでを黒い部分にしようかな・・・
セリカドア内張外枠製作2
この隙間を枠で埋めます。枠の大きさをマスキングテープに写しました。
セリカドア内張外枠製作3
枠にはプラ板を使っても良いのでしょうが、真っ直ぐのラインを出しやすいのはプラ棒かなと思って、2mmプラ棒を貼り合わせてマスキングテープに写した枠のサイズに削り出そうかと思っています(厚いプラ板は切るのが大変なので・・・)。
枠が片方でも出来てからブログにアップしたほうがよいのでしょうが、それを待っているとブログの更新が滞ってしまうので、とりあえずやったことをしばらくアップしていこうかなと思います。
とりあえず、今日はここまで。

ハセガワ 初代セリカ1600GT ドア内張位置調整

ゆっくり進めております、ハセガワ初代セリカ。
ここを過ぎれば少しスピードアップ出来そうなのですが・・・

ドア内張の位置調整をしました。
徒然モデラーさんのされていたエポパテで内張の位置を決めるやり方でやってみました。
セリカドア内張位置調整
エポパテを丸めてドア内側に貼り付けて・・・

セリカドア内張位置調整2
内張の位置を決めました。

セリカドア内張位置調整3
ドアを開けたらこんな感じ。
窓枠の位置ピッタリに決めることは出来なかったです。
でもここにこれ以上時間をかけたくないので、今回はこれで妥協します。

内張の位置が決まったので、次は内張の枠を作っていきます。

プロフィール

120sec

Author:120sec
クルマが大好きな初級モデラーです。
どうせ作るのなら綺麗な出来映えにしたいですよね!
「見えるところは丁寧に、見えないところはそれなりに」、をモットーにとりあえず作っていきたいと思います。

ようこそ、おいでやす〜

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR